アロマテラピーとアロマセラピーの違い|おすすめ検定・資格も

アロマテラピーとアロマセラピーは名前が似ていますが、どのように違うのでしょうか?この記事では、アロマテラピーの意味や効果、セルフでのやり方を紹介します。アロマテラピーを習得したい方向けに、おすすめ講座や資格も紹介するので参考にして下さい。

目次

  1. アロマテラピーはアロマセラピーと違う?
  2. 言語が異なるだけで、意味は同じ
  3. 「アロマテラピー」は医療行為の印象を避けるため普及した
  4. 「アロマセラピー」は医療従事者に使われている
  5. アロマテラピーの効果は?
  6. リラックス効果
  7. 不眠の改善
  8. 不安感の改善
  9. アロマテラピーのセルフでのやり方は?
  10. 芳香浴法
  11. 湿布法
  12. トリートメント法
  13. アロマテラピーを習得したい!資格は?
  14. アロマテラピーにおすすめの講座
  15. アロマテラピーに必要な資格

アロマテラピーはアロマセラピーと違う?

アロマテラピーとアロマセラピーは名前が似ていますが、施術内容や意味に違いはあるのでしょうか。この記事では、アロマテラピーとアロマセラピーとで違いがあるのかを解説します。

言語が異なるだけで、意味は同じ

アロマテラピーとアロマセラピーとで施術内容や意味に違いはありません。アロマテラピーはフランス語、アロマセラピーは英語を日本語表記にしたものです。どちらもアロマオイルを使用した自然療法のことで違いはないのです。

「アロマテラピー」は医療行為の印象を避けるため普及した

「セラピー」と聞くと医療行為と連想する人も少なくないでしょう。医療行為と違い、誤解を避けるためにも「アロマセラピー」ではなく「アロマテラピー」という呼び方が普及しています。日本では、アロマセラピーは法律上医療行為と認められていないのが現状です。

「アロマセラピー」は医療従事者に使われている

アロマセラピーは医療行為と認められてませんが、医療従事者の間では「アロマセラピー」という呼び方が使われています。医療分野でアロマの研究が進められており、アロマセラピーは今後の医療への貢献が期待できるといわれているのです。

アロマテラピーの効果は?

アロマテラピー(アロマセラピー)の効果
  • リラックス効果
  • 不眠の改善
  • 不安感の解消
  • 集中力を高める
  • 血行促進

アロマの香りを嗅ぐことで脳から身体へ大きな影響を与えることがわかっています。五感の中でも唯一脳へ直接影響を与えるのが嗅覚なのです。アロマの香りを嗅ぐことで、本能や感情をつかさどる大脳辺縁系から自律神経の調整をする視床下部へ刺激が伝わります。

自律神経を調整する視床下部へ情報が伝わることで、自律神経が関係している睡眠や免疫機能、ホルモンのバランスを整えるのです。

リラックス効果

アロマテラピー(アロマセラピー)で自律神経のバランスが整うと、ストレスなどで交感神経が優位になっている状態から交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズに行えるようになります。その結果、身体の緊張がほぐれてリラックス効果があるといわれています。

不眠の改善

ストレスが溜まると心身が交感神経が優位になり、心身が緊張状態になります。その結果、不眠などの身体症状が現れてしまうのです。鎮静作用やリラックス効果のあるアロマオイルの香りは自律神経を整え、不眠を改善する作用が期待できます。

不安感の改善

不安感や気分が落ち込みうつ状態になった際にアロマオイルを用いて精神のバランスを整える場合もあります。気分が落ち込んでいる、リラックスしたい場合はアロマテラピー(アロマセラピー)を実践するのもいいでしょう。

アロマテラピーのセルフでのやり方は?

アロマオイルは市販のものも多く販売されており、自宅で手軽に楽しむことができます。ここでは、アロマテラピー(アロマセラピー)のセルフでのやり方を紹介します。

芳香浴法

アロマディフューザーなど専用器具に精油を垂らし、部屋の中に香りを広げる方法です。専用の機器がない場合は、ハンカチやティッシュに1、2滴垂らして近くに置くのも手軽にできておすすめです。

湿布法

お湯を入れた洗面器に精油を1〜3滴垂らし、タオルですくうように濡らし、タオルを軽く絞って湿布したいところに当てます。この時、精油が直接肌につかないように精油が付いた面を内側に折って使用しましょう。

トリートメント法

精油を濃度1%以下になるようにトリートメントオイルで薄めます。そのオイルを肌にのせて優しくマッサージを行いましょう。濃度が濃いと肌を刺激してしまう場合があるので、精油は低濃度に配合してください。

アロマテラピーを習得したい!資格は?

アロマテラピー(アロマセラピー)を勉強し資格を取得することで、アロマオイルの香りの違いによるさまざまな効能、取り扱いを理解でき仕事の幅も広がるでしょう。ここでは、アロマテラピーにおすすめの講座と必要な資格について紹介します。

アロマテラピーにおすすめの講座

アロマテラピーにおすすめの講座
  • 【目安10時間】アロマテラピー検定(ユーキャン)
  • 【目安30時間】アロマテラピー検定&アロマトリートメントアドバイザー(キャリカレ)
  • 【目安20時間】アロマ&ケアスペシャリスト資格取得講座(フォーミー)
  • 【目安110時間】国際アロマセラピストコース(ライブラ香りの学校)

取得したい資格によって難易度や勉強時間に違いがあります。確保できる勉強時間や取りたい資格など、自分に合った講座を受講しましょう。

アロマテラピーに必要な資格

アロマテラピーに必要な資格
  • 【民間資格】アロマテラピー検定(AEAJ)
  • 【民間資格】アロマテラピーインストラクター(AEAJ)
  • 【民間資格】アロマコーディネーター(JAA)
  • 【民間資格】アロマ・アドバイザー(NARD)
  • 【民間資格】IFA認定アロマセラピスト(IFA)

アロマテラピーには特定の資格は必要ありません。しかし、資格を持っていることで知識や技術の証明になり、仕事の幅も増えます。やりたい仕事や身につけたい技術に合わせて資格を取得していくのがおすすめです。

アロマテラピーを効果的に利用してみよう

アロマテラピーを効果的に利用することで、心身の状態を改善する効果が期待できます。また、勉強して資格を取得すれば仕事の幅も広がり、多くの人へアドバイスする力を身につけることが可能です。

香りによっての効能の違いを理解して自分に合ったものを選び、正しく活用していきましょう。

日々の疲れを癒すなら『HOGUGU』で

日々の疲れが溜まっている方は、お家でプロのリラクゼーションを受けてみませんか?

家から出たくない日や、夜遅い時間でも、『HOGUGU(ホググ)』なら自宅で簡単にプロのもみほぐしを体験できます。セラピストが自宅や宿泊先に来てもみほぐしを行ってくれるので、わざわざ整体やマッサージ店へ出向く必要もありません。

さらに今なら、【1月限定】3000円OFFクーポンでお得にHOGUGU(ホググ)をご利用できます!是非一度お試しください。

関連する記事