もみほぐしの理想の頻度は週1?月1?20代・30代で毎日は変?

マッサージやもみほぐしはどの頻度で行けばいいのでしょうか?20代・30代でよく行くのは珍しいでしょうか?この記事では、マッサージやもみほぐしの理想的な頻度を【症状別】に紹介します。実際にもみほぐしを利用している人の頻度調査や、毎日通った時も問題点も紹介するので、参考にして下さい。

専門家監修 |セラピスト 山中清道先生
HP
カイロプラクター。カイロプラクティック歴25年。埼玉県川口市にある「猫橋カイロプラクティック」院長。開業歴は20年。背骨・骨盤・頭蓋骨を中心とした運動器の施術、...
HP
カイロプラクター。カイロプラクティック歴25年。埼玉県川口市にある「猫橋カイロプラクティック」院長。開業歴は20年。背骨・骨盤・頭蓋骨を中心とした運動器の施術、自律神経の不調を心身両面からサポートする自律神経専門施術、美容系骨格矯正など幅広い悩みに対応。現在はたくさんのご縁を頂き、地元地域はもちろん、県外の遠方からも来院している。また、日々の施術活動に加え、株式会社の代表取締役、自律神経臨床研究会会長、「東京整体学院いろは学舎」講師などを兼任し、精力的に活動している。
専門家監修 |整体師 大金寛子先生
HP
整体師。元介護福祉士。介護状態の方の痛みをそこに至る前になんとかしたいと整体の道に…。多くの師に恵まれ、産前産後骨盤矯正、アトピー、アレルギー療法、頭蓋骨矯正、量子力学的整体(九伝流)等、...
HP
整体師。元介護福祉士。介護状態の方の痛みをそこに至る前になんとかしたいと整体の道に…。多くの師に恵まれ、産前産後骨盤矯正、アトピー、アレルギー療法、頭蓋骨矯正、量子力学的整体(九伝流)等、根本的な改善を目指した療法で患者様に喜んでいただいています。現在は千葉の自宅整体院「稲毛女性整体院きゅあ・まむ」院長と赤羽の整体学校「東京整体学院いろは学舎」講師として、また、臨床神経予防医学会開設準備室で評議員として活動中。

目次

  1. もみほぐしの理想的な頻度は?
  2. 症状が重い時は週に1~2回以上
  3. 症状が軽減したら月に1~2回
  4. メンテナンス期なら月に1回
  5. 【症状別】もみほぐしの理想的な頻度は?
  6. 『肩こり・腰痛』なら週1回を3ヶ月
  7. 『むくみ・冷え性』なら月1~2回
  8. 『眼精疲労』なら月1回
  9. もみほぐしは毎日通っても問題ない?
  10. 同じ部位を続けなければOK
  11. HOGUGUなら自宅にセラピストが呼べる!
  12. ただし間隔より続けることが大切
  13. 「もみほぐしはどの頻度で使う?【アンケート調査】
  14. 毎日利用する人の意見
  15. 週に1回以上利用する人の意見
  16. 2~3週間に1回以上利用する人の意見
  17. 月に1回以上利用する人の意見

もみほぐしの理想的な頻度は?

20代・30代の若い世代でも肩こりや腰痛に悩み、もみほぐしやマッサージに通う人は少なくありません。どのくらいの頻度で、もみほぐしやマッサージに通うのが理想的なのでしょうか。

症状が重い時は週に1~2回以上

症状が重いときは、週1~2回以上が理想的な頻度です。全身の筋肉がこり固まっているため、一度の施術で改善することは難しいでしょう。頻度を多くし集中的に施術を受けると効果が期待できます。

症状が軽減したら月に1~2回

症状が軽減したら、月に1~2回が理想的な頻度です。施術者と相談して頻度を減らしていきます。少しづつ間隔を空け、自分のペースをみつけましょう。

メンテナンス期なら月に1回

メンテナンス期は、月に1回が理想的な頻度です。体の悩みがほぼ改善されていても、仕事や家事で筋肉に負担がかかることは避けられません。月に1回ほどの頻度で筋肉をほぐし、体のお手入れをしましょう。

大金寛子先生

整体師

1度で症状を改善しようとすると揉み返しが起きたり、急激な身体の変化に脳が驚いて元に戻そうとする恒常性機能の働きによってすぐに元に戻ってしまったりする事があります。その加減は個人差も大きいので、様子を見ながらセラピストと相談していただければと思います。

【症状別】もみほぐしの理想的な頻度は?

理想的なもみほぐしやマッサージの頻度を症状別に紹介します。

『肩こり・腰痛』なら週1回を3ヶ月

肩こり・腰痛の場合は、週1回のもみほぐしを3ヶ月続けましょう。一度の施術で改善することは難しく、短期間で集中的に施術することが大切です。

天然精油を使ったオイルマッサージもおすすめです。植物成分を配合し、さらりとしたテクスチャーのオイルでマッサージを受けられます。オイルマッサージなら、肌をいたわることもできます。オイルの香りでリラックスもできるでしょう。

山中清道先生

セラピスト

施術によって症状の改善を期待して受ける場合は、頻度は症状によっても変わってきますが、単発ではなく決まった頻度でまずは3カ月を目処に受けてみると良いです。体質改善にはこのくらいの期間が必要です。

『むくみ・冷え性』なら月1~2回

むくみ・冷え性の場合は、月に1~2回もみほぐしましょう。体の冷えが発生し、むくみやすいのは寒い季節です。体を温める食材を摂取する・運動を心がけるなどの冷え対策をしながら、月1~2回のもみほぐしやマッサージで血行を促進させましょう。

『眼精疲労』なら月1回

眼精疲労の場合には、月に1回もみほぐしましょう。現代社会では、長時間のデスクワークやスマホ操作で目を酷使する場面が多くあります。眼精疲労には「ヘッドスパ」もおすすめです。眼精疲労が改善されると、肩こりや腰痛、背中のこりの改善も期待できます。

大金寛子先生

整体師

最近では眼精疲労による頭痛に悩まされる方も多いようです。後頭部にある「天柱」「風池」「完骨」というツボは痛いけれどとても効果があるツボです。親指を当て、顔を斜め上に上げるように刺激するとセルフでもケアできます。

もみほぐしは毎日通っても問題ない?

全身のこりがつらいとき、もみほぐしやマッサージは毎日通っても問題はないのか解説してきます。

同じ部位を続けなければOK

もみほぐしやマッサージは、同じ部位でなければ毎日通っても問題ありません。もみほぐしやマッサージは筋肉に対する外部からの刺激です。筋肉に負担がかかり症状が悪化する恐れがあるため、適度に間隔を空けましょう。

山中清道先生

セラピスト

毎日受けても問題はありませんが、施術は体に物理的ストレスを与えて血流改善や筋肉を緩めているので、必要以上の刺激量になるとお薬と同じように副反応も出てしまいます。頻繁に受ける場合には1回の施術時間は多過ぎないほうが良いです。

HOGUGUなら自宅にセラピストが呼べる!

自宅にセラピストが呼べる『HOGUGU(ホググ)』の利用もおすすめです。家から出たくない日や夜遅い時間でも、『HOGUGU』なら自宅で簡単にプロのもみほぐしを体験できます。日々の疲れが溜まっている人は、お家でプロのリラクゼーションを受けてみませんか。

ただし間隔より続けることが大切

もみほぐしやマッサージは、間隔よりも続けることが大切です。間隔が空くと、全身がこり固まってほぐれにくくなってしまいます。筋肉が再びこり固まる前にほぐし、全身を常にいい状態でキープすることを目指しましょう。

「もみほぐしはどの頻度で使う?【アンケート調査】

もみほぐしやマッサージはどのくらいの頻度で通っているか、アンケート調査の結果を紹介します。

毎日利用する人の意見

もみほぐしやマッサージを毎日利用する人の意見を紹介します。

・金銭面に余裕があれば毎日通いたい
・毎日のデスクワークで肩こりがつらい

毎日もみほぐしを利用する、というよりも「できることなら毎日通いたい」という意見がみられました。

gonjiji(ゴン)

@gonjiji_chao

毎日、もみほぐし60分受けたい。
肩甲骨が凝り過ぎ😭

板倉

@she9rry

宝くじあたったらもみほぐし90分コースを毎日しよう

20代・30代の若い世代でも、肩こりや背中のこりに悩んでいる人は多くいます。「お金に余裕があれば」という意見も多く、実際に毎日利用するのは難しいといえるでしょう。

週に1回以上利用する人の意見

週1回以上利用する人の意見を紹介します。

・時間が空くと体が戻ってしまう
・できれば毎週行きたい

症状が重い場合は、もみほぐしてから数日で体が元の状態に戻ります。週3回通って筋肉がほぐれた状態をキープすることが理想です。

おーみ

@pen_oomi

もみほぐし3,000円で生き返ったー。
(おおむね週1で通ってる)

希空 xxx

@say3k32m

肩凝りやばーい(x_x) 全身もみほぐし、安かったら週3ぐらいのペースで行くのに……(笑)

20代~50代と幅広い年代の社会人が、肩こり・腰痛・背中のこりの症状に悩まされています。原因としては、長時間のデスクワークやスマホ操作、姿勢の悪さなどが考えられます。

2~3週間に1回以上利用する人の意見

2~3週間に1回以上利用する人の意見を紹介します。

・お金のことを考えると2~3週間に1回が妥当
・せめて2~3週間に1回は通いたい

デスクワークが多い20代・30代に多い意見です。疲れが溜まってから、もみほぐしやマッサージを受ける傾向にあります。

すこ

@scoserebu

60分のもみほぐしを受けたら3週間分の疲れがほろ消えてシンプルに驚いてる

高広レル

@takahirogk7ca

もみほぐし大当りや、まじで肩とか軽くなったーーー 月1じゃもう無理かな、、、スパンが3週間になりつつある笑

肩周りや背中などの疲れを自覚している人は多いものの、毎週は通えないという人は多いでしょう。2~3週間に1回ほどの頻度で、もみほぐしやマッサージで体のお手入れをしてみませんか。

月に1回以上利用する人の意見

月に1回以上利用する人の意見を紹介します。

・最低でも月に1回は行きたい
・子どもがいるので月1回が限度

20代・30代の子育て中の女性は疲れが溜まりやすいものの、もみほぐしやマッサージにゆっくり時間をかけることができません。最低でも月に1回は通いたいという意見は、切実な願いともいえるでしょう。

とんとん®︎🐽3y+1m

@2019_cyz_

産後もほぼ月1で夜寝かしつけを旦那に任せてもみほぐし行ってるんだけどこれが私にとったらめちゃくちゃストレス発散になってる😢

ほのか💎

@p___hoku

もみほぐし90分コース❤️月1のご褒美❤️毎度毎度、ごりごりだねと言われる28歳w

気が付かないうちに筋肉への負担がかかっているため、定期的なお手入れは大切です。

もみほぐしは頻度より定期的に利用することが大事

もみほぐしやマッサージは、頻度よりも定期的に利用することが大切です。日常生活の中で気が付かないうちに筋肉に負担がかかっています。自分のペースで定期的にお手入れをし、疲れをため込まないようにしましょう。

日々の疲れを癒すなら『HOGUGU』で

日々の疲れが溜まっている方は、お家でプロのリラクゼーションを受けてみませんか?

家から出たくない日や、夜遅い時間でも、『HOGUGU(ホググ)』なら自宅で簡単にプロのもみほぐしを体験できます。セラピストが自宅や宿泊先に来てもみほぐしを行ってくれるので、わざわざ整体やマッサージ店へ出向く必要もありません。

さらに今なら、【1月限定】3000円OFFクーポンでお得にHOGUGU(ホググ)をご利用できます!是非一度お試しください。

関連する記事