よもぎ蒸しの好転反応|翌日のだるさや肌荒れの原因?対処法やいつまで続くかも紹介

よもぎ蒸しの施術翌日などに、体がだるくなったり、不調を感じたことはありませんか?もしかしたら副作用ではなくて、好転反応が原因かもしれません。この記事ではよもぎ蒸しで主に見られる【だるさ・腹痛・生理やおりものの変化】などの好転反応の症状を解説します。好転反応の対処法・過ごし方や、いつまで続くかも紹介するので、参考にしてください。

専門家監修 |セラピスト 山中清道先生
HP
カイロプラクター。カイロプラクティック歴25年。埼玉県川口市にある「猫橋カイロプラクティック」院長。開業歴は20年。背骨・骨盤・頭蓋骨を中心とした運動器の施術、...
HP
カイロプラクター。カイロプラクティック歴25年。埼玉県川口市にある「猫橋カイロプラクティック」院長。開業歴は20年。背骨・骨盤・頭蓋骨を中心とした運動器の施術、自律神経の不調を心身両面からサポートする自律神経専門施術、美容系骨格矯正など幅広い悩みに対応。現在はたくさんのご縁を頂き、地元地域はもちろん、県外の遠方からも来院している。また、日々の施術活動に加え、株式会社の代表取締役、自律神経臨床研究会会長、「東京整体学院いろは学舎」講師などを兼任し、精力的に活動している。

目次

  1. よもぎ蒸し後のだるさは好転反応?
  2. デトックス過程の症状であることが多い
  3. よもぎ蒸し後に起きる好転反応とは?
  4. 眠気・だるさ
  5. 腹痛や下痢
  6. 生理・おりものの変化
  7. ニキビなど肌荒れ
  8. 身体全体の痛み・かゆみ
  9. よもぎ蒸し後の好転反応はいつまで続く?
  10. 3〜4日が目安
  11. 明らかに違和感がある場合や、長く続く場合は病院へ
  12. 好転反応が起きた時の対処法・過ごし方
  13. 水分補給
  14. お風呂に入る
  15. 睡眠をとる
  16. 運動する

よもぎ蒸し後のだるさは好転反応?

よもぎ蒸しをした翌日に身体のだるさを感じることがあります。それは、副作用なのか、好転反応なのでしょうか。

デトックス過程の症状であることが多い

よもぎ蒸し後に起こる身体の症状は、副作用ではなく好転反応と呼ばれるデトックス過程でおこる症状です。好転反応とは、東洋医学で用いられる用語で自己回復の過程で起こる身体反応のことを指します。

身体の血行を良くして、老廃物を排出しようとすることで、施術の翌日から好転反応が起こるといわれています。

よもぎ蒸し後に起きる好転反応とは?

よもぎ蒸しで起きる好転反応
  • 眠気、だるさ
  • 腹痛、下痢
  • 女性は生理、おりものの変化
  • ニキビなどの肌荒れ
  • 体全体の痛み、痒み
  • 吐き気
  • 湿疹
  • 尿の色の変化
  • 黒い便が出る

よもぎ蒸し後の好転反応の種類は弛緩反応、過敏反応、排泄反応、回復反応の4種類があります。また、具体的なよもぎ蒸し後の好転反応は、上記のようにさまざまな症状があるといわれています。

眠気・だるさ

よもぎ蒸しの好転反応で起きるといわれている眠気・だるさは、弛緩反応の過程で起こります。今まで不調だったところが施術によって自律神経が整い、正常な機能を取り戻す際に起こるといわれています。

腹痛や下痢

よもぎ蒸しの好転反応で起こる症状には、腹痛や下痢もあります。腹痛は回復反応で、下痢は排泄反応の過程で起こります。血行が改善されたり、老廃物を排出したりする際に現れる症状です。下痢は、脱水症状にもつながるので水分補給をしっかり意識しましょう。

生理・おりものの変化

女性がよもぎ蒸しを行うと、生理・おりものの変化が回復反応の過程で起こります。老廃物を排出するために生理周期が早くなったり、経血量が増えたりすることがあるようです。また、女性の場合は子宮が温まることで生理痛が和らぐともいわれています。

ニキビなど肌荒れ

ニキビなどの肌荒れは、よもぎ蒸しの好転反応の排泄反応の過程で起こります。身体の中の老廃物を排出する際にニキビとして体外に排出されると考えられています。

身体全体の痛み・かゆみ

身体全体の痛み・かゆみは、よもぎ蒸しの好転反応の過敏反応の過程で起こります。新たな血が身体の中の壊れた組織を作り変える際に、この症状が現れることがあります。

山中清道先生

セラピスト

好転反応はよもぎ蒸しの結果、その刺激に対して身体が体内環境を正常に整えようとする作用が起きた時の反応で悪い反応ではありません。あわてずに当日はゆっくり休むようにして、アルコールや激しい運動は控えましょう。

よもぎ蒸し後の好転反応はいつまで続く?

よもぎ蒸し後に起こる好転反応の一時的な体調不良は、いつまで続くのでしょうか。

3〜4日が目安

好転反応はよもぎ蒸しの施術をした翌日から3〜4日程度続くといわれています。なかなか好転反応が改善されない時や、体調不良がひどい時は無理せず施術した店舗や病院に相談しましょう。

明らかに違和感がある場合や、長く続く場合は病院へ

よもぎ蒸し後に好転反応ではない副作用を感じる時は、体に悪影響を及ぼす危険性があるので焦らず病院に相談しましょう。病院は、男性であれば内科、女性であれば産婦人科を受診してください。

好転反応が起きた時の対処法・過ごし方

好転反応が起きた時の対処法
  • 水分補給
  • お風呂に入る
  • 睡眠をとる
  • 運動する
  • 蒸しタオルであたためる

よもぎ蒸しの施術を受けて好転反応が起きた時の対処法は、このような手段が有効であるとされています。よもぎ蒸し後の好転反応が起きた時の対処法や過ごし方をくわしく解説します。

水分補給

よもぎ蒸し後の好転反応が起きた時は、水分をたくさん摂取して、体から老廃物が出ていく循環を促しましょう。また、食事の前に水分補給をすることを意識してください。施術後にすぐ食事をとると老廃物が再吸収される恐れがあります。

お風呂に入る

よもぎ蒸し後の好転反応が起きたときには、お風呂に入るのもおすすめです。体を温めることで血行が良くなり、発汗を促すことでデトックス効果が高まるため、老廃物の排出につながります。リラックス効果もあるので好転反応を和らげるのに効果的だといわれています。

睡眠をとる

よもぎ蒸しの施術を受けて好転反応が起きた時は、しっかり睡眠をとることも大切です。睡眠をとることで、体の疲れや不調も改善しやすくなります。

運動する

よもぎ蒸し後に好転反応が起きたら、適度な運動をするのもおすすめです。運動をすると血行の改善や発汗を促進され、老廃物が排出しやすい身体をつくれます。ただし、だるさや発熱がある時は無理をせず安静にしましょう。

山中清道先生

セラピスト

不快な身体の反応が長く続く場合は心配なら医師に相談しましょう。また、このような反応が出る場合はご自身の体質、体力や当日の体調に対して過剰刺激となっている事も考えられるので、次回以降はもう少し時間を短くしたり工夫も必要です。

よもぎ蒸しで好転反応が起きるのは良い兆候

よもぎ蒸し後に体調不良が起きるのは、副作用ではなく好転反応の可能性が高いと考えられます。好転反応は、身体の悪い部分を変えてデトックスを促す際に必要なことです。反応が起きた時は、焦らずゆっくり体を休ませてください。

日々の疲れを癒すなら『HOGUGU』で

日々の疲れが溜まっている方は、お家でプロのリラクゼーションを受けてみませんか?

家から出たくない日や、夜遅い時間でも、『HOGUGU(ホググ)』なら自宅で簡単にプロのもみほぐしを体験できます。セラピストが自宅や宿泊先に来てもみほぐしを行ってくれるので、わざわざ整体やマッサージ店へ出向く必要もありません。

さらに今なら、【1月限定】3000円OFFクーポンでお得にHOGUGU(ホググ)をご利用できます!是非一度お試しください。

関連する記事