腰痛の原因は股関節?股関節腰痛のチェック法・解消ストレッチも紹介

腰痛でお悩みですか?もしかしたら股関節の痛みが原因の可能性があります。整形外科でも腰痛の原因を絞るのは難しいことです。この記事では、腰痛と股関節の関係性について紹介します。股関節の不調を改善するストレッチも紹介しているので参考にしてください。

専門家監修 |整形外科医 増本項先生
HP
日本専門医機構日本整形外科学会認定医、日本整形外科学会スポーツ専門医、日本スポーツ協会認定医。「増本整形外科」院長。1985年慶應義塾大学医学部卒。慶應義塾大学病院スポーツクリニック講師、...
HP
日本専門医機構日本整形外科学会認定医、日本整形外科学会スポーツ専門医、日本スポーツ協会認定医。「増本整形外科」院長。1985年慶應義塾大学医学部卒。慶應義塾大学病院スポーツクリニック講師、日本女子体育大学スポーツ医学助教授等歴任後、杉並区荻窪に増本整形外科クリニックを開業。東京読売巨人軍チームドクター。元女子全日本バスケチームドクター等トップアスリートの診療に従事。スポーツ医学、変形性関節症に対する再生医療(APSやPRP療法等)、骨粗鬆症等の一般整形外科の診療にも注力。

目次

  1. つらい腰痛はもしかしたら股関節が原因かも?!
  2. あなたの腰痛は股関節が原因?股関節腰痛かチェック!
  3. 簡単四つん這いチェック方法
  4. 気になる股関節腰痛の原因は?
  5. 股関節腰痛の原因は『変形性股関節症』かも?
  6. 変形性股関節症の治療法は?
  7. 変形性股関節症になる原因は?
  8. 股関節を柔らかくするストレッチ
  9. パカパカ体操
  10. おしりフリフリ体操
  11. 四股スクワット

つらい腰痛はもしかしたら股関節が原因かも?!

腰痛に悩んでいて「整形外科を受診したけど原因がわからない」という人も少なくありません。腰痛や臀部に痛みを感じる原因は、骨、靭帯、神経、筋肉、内臓などたくさんあります。実際、腰痛の85%が原因不明と言われています。それほど、腰痛の原因を1つに絞るのは難しいことなのです。

つらい腰痛や臀部の痛みの原因として、考えられるものはなんでしょうか。実は、股関節との関係する場合もあるといわれています。両脚の付け根にある股関節は、骨盤と大腿骨(だいたいこつ)を連結している重要な関節です。つらい腰痛と股関節との関係性をみていきましょう。

あなたの腰痛は股関節が原因?股関節腰痛かチェック!

腰痛だけではなく、臀部にも痛みがある場合は、股関節が原因の可能性があります。股関節が原因の場合、鼠径部(そけいぶ)と呼ばれる脚の付け根に痛みが出ます。初期は立ち上がりや、歩き初めに痛むことが多いでしょう。左右の脚の長さにも違いが出てきます。

股関節腰痛の症状
  • 立ち上がりや歩き始めに鼠径部に痛みがある
  • 座ったときに左右の脚の長さが違う
  • 足の爪切りがしにくい
  • 靴下が履きにくい
  • 正座が困難になる
  • 長時間立つ・歩くことがつらい

脚の長さの違いから、「歩き方がおかしい」と指摘をされて気が付くことも少なくありません。股関節腰痛がひどくなると可動域制限があらわれます。足の爪切りが難しくなったり、靴下が履きにくくなったりなど、日常生活にも支障をきたすようになります。

簡単四つん這いチェック方法

股関節腰痛を見抜くには「四つん這いチェック法」が有効です。自分の腰痛が股関節腰痛かどうかを見分ける手がかりとして、試してみましょう。

簡単四つん這いチェック
  1. 四つん這いになる
  2. 腕と太ももを地面と垂直にする
  3. ゆっくりお尻を後ろに下げる
  4. 腰や背中が丸まる人は要注意

四つん這いの状態からお尻を後ろに下げるときに、背筋が伸びた状態の人は問題ありません。腰や背中が丸まってしまう人は、股関節が硬い、または動きが悪くなっています。猫背の人に多く、股関節をうまく使えていない可能性があります。

普段、猫背ではなくても、このチェックで隠れ猫背とわかる人もいるでしょう。猫背タイプは腰に負担がかかり腰痛になる可能性が高まるため、股関節腰痛を疑うサインと考えられているのです。現在痛みがなくても、将来腰痛になる可能性があります。

気になる股関節腰痛の原因は?

股関節腰痛に悩む人は股関節が硬い、動きが悪い、可動域が小さいことが考えられます。股関節は人体のなかで最も大きな関節です。股関節腰痛の原因を探ってみましょう。

股関節腰痛の原因は『変形性股関節症』かも?

股関節腰痛の原因は「変形性股関節症」の可能性があります。変形性股関節症は、股関節を形成している関節軟骨や骨が傷むことが原因で、股関節痛や腰痛、機能障害を引き起こす病気です。男性よりも女性に多くみられます。(※1)

増本項先生

整形外科医

原因を究明するには整形外科受診をお勧めします。診断には補助診断としての画像診断は必須です。X線写真やMRIが有効です。

変形性股関節症の治療法は?

変形性股関節症の治療方法には「保存療法」「手術療法」があります。整形外科を受診すると、症状によって治療法が変わります。保存療法は自己修復機能を介助し、腰痛などの症状の改善や緩和を目指す治療法です。股関節周りのストレッチ、水中運動などが有効です。

変形性股関節症の人は重たい物の持ち運びや体重など、股関節への負担を減らすことが重要になります。そのため、杖や歩行器などを使用して負担を軽減する治療法がとられることもあります。

手術療法は、整形外科手術により原因を取り除く治療法です。保存療法でも腰痛などの症状が改善しない場合、手術療法が行われます。初期には骨切り術が有効です。関節適合性を向上させ、症状緩和と進行の予防をします。

症状が進行している場合は、股関節を金属などの人工材料に置き換える「人工股関節置換術」が行われます。疼痛改善に効果的で、歩行機能やスポーツ活動、心肺機能や満足度などの生活の質の向上が期待できるでしょう。

増本項先生

整形外科医

最近、股関節に使用可能なヒアルロン酸注射があり有効です。手術を勧められた時には手術前にAPS療法のような再生医療を試してみるといいと思います。いずれにせよ理学療法は必須です。

変形性股関節症になる原因は?

変形性股関節症になる原因は、臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)が80%以上といわれています。重たい物の持ち運びや長時間の立ち仕事など、職業も関係しています。また、肥満の人は、普通体形の人に比べて股関節への負担が大きくなるため要注意です。

高齢化が進み、年齢とともに股関節の軟骨がすり減ったことで変形性股関節症を発症する人も増えています。クッションの役割を担ってる軟骨がすり減ると関節が硬くなり、動きが鈍くなるのです。

増本項先生

整形外科医

臼蓋形成不全症や先天性股関節脱臼などの既往がある方に見られる変形性股関節症を「二次性変形性股関節症」と言いますが、進行が早く手術になることが多いので、早めの整形外科受診をお勧めします。

股関節を柔らかくするストレッチ

変形性股関節症の予防や改善には、股関節周りの筋肉を動かすのが有効です。股関節の安定性とスムーズな動きには深層筋と呼ばれる内側の筋肉を鍛えるのが重要です。

硬い股関節を柔らかくするストレッチでつらい腰痛や臀部の痛みを和らげましょう。整形外科を受診中の人は、主治医と相談しながらストレッチを行ってください。

パカパカ体操

股関節を柔らかくするストレッチの1つめは「パカパカ体操」です。座ってできる簡単なストレッチで、腰に負担がかかりません。

パカパカ体操
  1. 楽な姿勢で椅子に腰をかける
  2. 足を肩幅程度に開きつま先を正面に向ける
  3. ゆっくり膝を開いたり閉じたりする
  4. 1日10回を2セット行う

ポイントは、リズムよく行うことです。とはいえ、速く動かす必要はありません。楽だと感じる範囲でリラックスして行いましょう。負担が少ないため、回数を増やしても問題ありません。ただし、腰痛の悪化や股関節臀部に痛みが出る場合には、無理をせず体を休めましょう。

おしりフリフリ体操

股関節を柔らかくするストレッチの2つめは「おしりフリフリ体操」です。立った状態で行うストレッチで、骨盤をゆっくり動かします。

おしりフリフリ体操
  1. 立った状態で足を肩幅より少し広めに開く
  2. つま先を正面から少し外側に向ける
  3. 膝を軽くゆるめる
  4. 骨盤を左右に揺らすようにゆっくり動かす
  5. 1日10回を2セット行う

腰痛には股関節だけでなく、反り腰や猫背の原因にもなる骨盤も深く関係しています。骨盤のバランスが崩れると股関節の動きを制限し、腰痛や臀部、股関節に痛みが出やすくなります。おしりフリフリ体操で硬い骨盤周りをほぐしましょう。

顔を動かしたり、身体をねじったりしないことがポイントです。極端に大きく腰を動かす必要はありません。骨盤の少し下に両手を当てて、股関節の動きを確認しながら動かします。腰痛の悪化や、股関節や腰、臀部に痛みが出たときには無理をせず、身体を休めましょう。

四股スクワット

股関節を柔らかくするストレッチの3つめは「四股(しこ)スクワット」です。内側の筋肉だけでなく、股関節全体の筋肉をバランスよく鍛えられます。

四股スクワット
  1. 立った状態で足を肩幅より少し広めに開く
  2. つま先を斜め前に向ける
  3. 体を前に傾け、ゆっくりを腰を落とす
  4. 1日10回を2セット行う

身体を前に傾けるときには、背筋をしっかり伸ばします。腰を落とすときは、お尻を突き出すイメージで行います。少し負荷が強い運動のため、股関節や膝、腰に強い痛みのある人はやめておきましょう。また、痛みが出たときには速やかに中止してください。

股関節の悩みを改善して腰痛とオサラバしよう!

整形外科を受診しても、腰痛の原因がわからず悩んでいる人は多いはずです。腰痛や臀部の痛みの原因は、股関節であることが考えられます。硬い股関節を柔らかくするストレッチを試してみましょう。股関節の悩みを改善して、つらい腰痛や臀部の痛みとオサラバしましょう。

日々の疲れを癒すなら『HOGUGU』で

日々の疲れが溜まっている方は、お家でプロのリラクゼーションを受けてみませんか?

家から出たくない日や、夜遅い時間でも、『HOGUGU(ホググ)』なら自宅で簡単にプロのもみほぐしを体験できます。セラピストが自宅や宿泊先に来てもみほぐしを行ってくれるので、わざわざ整体やマッサージ店へ出向く必要もありません。

さらに今なら、【3月限定】3000円OFFクーポンでお得にHOGUGU(ホググ)をご利用できます!是非一度お試しください。

関連する記事