坐骨神経痛で寝れない時の楽な寝方・対処法|どのくらいで治る?早く治す方法は?

坐骨神経痛が辛くて寝れないと悩んでいませんか?この記事では坐骨神経痛で寝れない時の対処法や楽な寝方を解説します。どのくらいで治るか?についてや早く治す方法も紹介するので参考にしてください。

目次

  1. 坐骨神経痛が辛くて寝れないときはどうしたら良い?
  2. 坐骨神経痛とは?
  3. 坐骨神経痛の主な症状
  4. 坐骨神経痛の原因
  5. 坐骨神経痛はどのくらいで治る?
  6. 坐骨神経痛で寝れない時の対処法
  7. 温湿布を貼る
  8. 市販の痛み止め薬を飲む
  9. 坐骨神経痛で寝れない時の楽な寝方
  10. 仰向けで膝を曲げる
  11. 横向きで腰の下にタオルを置く
  12. 枕やマットレスを変える
  13. 坐骨神経痛を早く治す方法は?
  14. 姿勢改善
  15. ストレッチ
  16. 整体・整骨院で施術を受ける

坐骨神経痛が辛くて寝れないときはどうしたら良い?

「腰に激痛が走り眠れない」「足やおしりがしびれるように痛い」このような症状の場合、坐骨神経痛の可能性があります。この記事では、坐骨神経痛の原因や、痛みで寝れない場合の対処法、坐骨神経痛の改善ストレッチを紹介します。

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは、坐骨神経が何らかの原因によって圧迫、刺激されて、臀部から足にかけて痛みやしびれがおこる状態のことです。坐骨神経は、脊椎の中でも仙骨の前側から股関節を支える梨状筋の下を通り、足先まで通っている人間の身体で最大の神経といわれています。

坐骨神経痛とは病名ではなく、頭痛や腹痛と同様に一つの症状と考えられています。痛みの程度や症状は人それぞれで、ピリッとしびれる程度のものから夜も寝れないほどの痛みがあるなどさまざまです。

坐骨神経痛の主な症状

坐骨神経痛の主な症状
  • おしりから足先にかけてしびれるように痛い
  • 痛みやしびれで長時間立っていられない
  • 歩くと足に痛みを感じ、歩けなくなる
  • 椅子に座るとおしりが痛み、長時間座れない
  • 腰を反らすと足やおしりに痛みやしびれがある
  • 仰向けで寝ると足やお尻が痛くて寝れない

坐骨神経痛と似た症状をもつ疾患に仙腸関節障害椎間関節障害があります。この2つの疾患は手術が必要な場合もあるため、坐骨神経痛なのか別の疾患なのか不安な場合は、整形外科を受診しましょう。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛がおこる原因
  • 変形性腰椎症
  • 腰椎椎間板ヘルニア(20~40代に多い)
  • 腰部脊柱管狭窄症(50代以降に多い)
  • 骨盤のゆがみ
  • 怪我や腫瘍などによる神経の圧迫

坐骨神経痛は、腰の疾病が原因でおこる場合が多いです。骨盤のゆがみや怪我による坐骨神経痛は年代に関係なくおこる場合があります。しかし、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症は年齢による発症のリスクがあることを覚えておきましょう。

坐骨神経痛はどのくらいで治る?

坐骨神経痛の痛みがいつまで続くかには個人差がありますが、一般的に痛みは1~3週間程度でおちついてくるでしょう。ただし、腰椎椎間板ヘルニアや、腰部脊柱管狭窄症など疾病の治療には3ヶ月程度かかる可能性があります。

骨盤のゆがみなど長年かけて歪んでしまったものは、すぐには元に戻らないため、日ごろのストレッチや正しい姿勢の意識が重要です。

坐骨神経痛で寝れない時の対処法

「坐骨神経痛が辛くて眠れない」「足やお尻のしびれで目が覚めて寝れない」という人もいるのではないでしょうか。ここでは、坐骨神経痛が原因で寝れない場合の対処法について紹介します。

温湿布を貼る

坐骨神経痛が辛くて眠れない場合は、温湿布を仙骨付近に貼りましょう。坐骨神経痛のような慢性的な腰痛は、温湿布で体を温めることによって、筋肉がほぐれ血行が促進し痛みが緩和する可能性があります。間違えて冷湿布を貼らないように注意しましょう。

市販の痛み止め薬を飲む

眠れないほどの痛みがある場合は、市販の痛み止め薬を飲むのも有効です。寝る前に飲むことで、眠っている間に薬が効き、痛みやしびれが一時的に緩和するので睡眠を妨げることが減少するでしょう。

ただし、痛み止めはあくまでも一時的なもので根本原因を改善するものではありません。坐骨神経痛の根本原因を改善するためには、医療機関や整骨院などを受診することをおすすめします。

坐骨神経痛で寝れない時の楽な寝方

坐骨神経痛が辛くて眠れないときは仰向け、うつ伏せ、横向き、どっち向きで寝るのがいいのでしょうか。ここでは、坐骨神経痛で寝れないときの楽な寝方について紹介します。家にあるもので今日から始められる寝方もあるので、試してみてください。

仰向けで膝を曲げる

仰向けの寝方は、膝を伸ばして寝ると、腰や足など症状が出やすい部分に負担がかかってしまいます。そのため、仰向けで寝る場合は、膝を立てたり、クッションを膝裏に置いたりして腰や足にかかる負担を軽減させるとよいでしょう。

横向きで腰の下にタオルを置く

横向きの寝方は、折りたたんだタオルをウエストのくびれ部分に置いて寝ると、タオルが腰椎を支えてくれるので腰が楽に感じるでしょう。体勢は膝を少し曲げて背中を丸めてリラックスした姿勢をとるのがおすすめです。

どっち向きで寝るのがいいのかは、腰痛の種類によって異なります。坐骨神経痛の場合は、痛みのあるほうを下にして寝るほうが楽な場合があります。

なぜなら、坐骨神経痛の場合はおしりの筋肉が硬直していることが多いため、上に向けるとお尻の筋肉が引き延ばされ、余計に痛い可能性があるのです。

枕やマットレスを変える

寝ている際にも足やおしりが痛い場合は、枕やマットレスなどの寝具を寝返りの打ちやすいものに変えるのも効果的です。寝返りを打つことで腰回りの神経に血流が流れ、神経への圧迫が和らぎます。

ベッドや敷布団の硬さは低反発よりも高反発のものを選び、枕の高さを寝返りの打ちやすいものに変えましょう。すぐに枕を変えられない場合は、畳んだタオルを層状に重ねて枕代わりにすることをおすすめします。

坐骨神経痛を早く治す方法は?

坐骨神経を早く治すためには、日常生活での姿勢改善やセルフケア、専門施設での適切な治療が重要です。ここでは、坐骨神経痛を改善するためのストレッチや早く治す方法を紹介します。

姿勢改善

坐骨神経痛を早く治すためには、日常生活での姿勢改善が重要です。デスクワークや重いものを運ぶなど、長時間前かがみの姿勢でいると腰に大きな負担をかけ、坐骨神経痛につながってしまいます。こまめに休憩をしたり、体勢を変えたりして腰の負担を減らしましょう。

ストレッチ

坐骨神経痛は坐骨神経が通っている「梨状筋」を伸ばすことによって痛みが緩和する可能性があります。ここでは「梨状筋」を伸ばすストレッチを紹介します。

梨状筋を伸ばすあぐらストレッチ
  1. 椅子に座る
  2. 片方の足をもう片方の足の上に乗せる
  3. 息を吐きながらゆっくり上体を前に倒す
  4. 呼吸を止めずに10秒キープ
  5. 10秒1セット×3セットおこなう

※状態を前に倒す際は、乗せたほうの膝が下がらないように注意しましょう。
※反動をつけず、ゆっくりと上体を倒しましょう。

整体・整骨院で施術を受ける

寝具を変えたり、ストレッチをおこなったりしても痛みが改善しない場合は、整体や整骨院などを受診しましょう。整体や整骨院では、痛みの根本原因の治療ができるほか、セルフケアの方法なども詳しく教えてくれるので、正しい知識のもとでセルフケアをおこなえます。

坐骨神経痛で寝れない時は楽な姿勢をとろう

坐骨神経痛で寝れないときは、寝具を工夫し、寝返りを打ちやすい楽な寝姿勢をとることが重要です。坐骨神経痛を根本から改善して、質の良い睡眠をとりましょう。

日々の疲れを癒すなら『HOGUGU』で

日々の疲れが溜まっている方は、お家でプロのリラクゼーションを受けてみませんか?

家から出たくない日や、夜遅い時間でも、『HOGUGU(ホググ)』なら自宅で簡単にプロのもみほぐしを体験できます。セラピストが自宅や宿泊先に来てもみほぐしを行ってくれるので、わざわざ整体やマッサージ店へ出向く必要もありません。

さらに今なら、【8月限定】総額1万円OFFクーポンでお得にHOGUGU(ホググ)をご利用できます!是非一度お試しください。

関連する記事