中府(ちゅうふ)のツボは肩こり・バストアップ・咳止めに効く!位置や押し方も解説

「中府 (ちゅうふ)」というツボをご存知ですか?この記事では中府の場所と見つけ方、効果的な押し方、中府を刺激することで得られる効果・効能等を解説しています。また、中府を押すと痛い原因・理由についても紹介しているのでぜひ参考にしてください。

専門家監修 |鍼灸師 田中明緒先生
Instagram/Twitter/YouTube/HP/OnlineShop/LINE
生まれつき重度のアトピー性皮膚炎と食物アレルギーがあり、20歳のときにアトピーが悪化。...
Instagram/Twitter/YouTube/HP/OnlineShop/LINE
生まれつき重度のアトピー性皮膚炎と食物アレルギーがあり、20歳のときにアトピーが悪化。自身の経験から食や心の状態の大切さを感じマクロビオテイック、自然農法、rawfoodを学び始め、長野県のアグリカフェアマテルで料理提供や料理教室を開始。食事以外でもアトピーの人の役に立ちたいと思い、鍼師・灸師の国家資格を取得。美容鍼灸や鍼灸院での鍼灸修行を行い、アレルギー治療も学ぶ。2020年1月に大阪から帰り長野県上田市で活動を始める。鍼灸師として活動しながら、出張美容鍼灸・出張ヨガ・レシピ開発なども行っている。

目次

  1. 中府(ちゅうふ) ってどんなツボ?
  2. 中府(ちゅうふ)の場所は?
  3. 中府の位置
  4. 中府の見つけ方
  5. 中府(ちゅうふ)の押し方は?
  6. 中府(ちゅうふ)の効果・効能は?
  7. 咳・たん
  8. 肩こり
  9. バストアップ
  10. 中府(ちゅうふ)を押すと痛い理由は?

中府(ちゅうふ) ってどんなツボ?

中府は東洋医学で肺の気が集まる所とされているツボです。両鎖骨の外側付近にあり、呼吸の機能を高めるツボとして咳などの治療に用いられてきました。

上腹部を表す「中焦」、「気」が集まる所を「府」と呼ぶことから名づけられました。中府の場所や押し方、効果効能を紹介します。

田中明緒先生

鍼灸師

中府は肺の経絡の「募穴」であり、募穴は「肺経の気が集まる所」という意味があります。中府は呼吸器疾患の特効穴の一つで風邪や喘息、花粉症などに用いられます。

中府(ちゅうふ)の場所は?

肺の気が集まっており、呼吸機能を高めるために用いられてきた中府は、胸の筋肉や姿勢にも関係が深いツボです。咳や鼻水で悩んでいる人やデスクワークで前かがみの姿勢が多い人は、覚えておくとさまざまな効果が期待できます。

中府の場所は見つけやすく、セルフケアしやすい場所にあります。中府の位置と見つけ方を詳しく紹介します。

中府の位置

中府は両鎖骨の下、肩側にあるクボミから指の幅1本分下に位置します。東洋医学で肺の気が集まる場所とされているツボです。

中府の見つけ方

まず、鎖骨の際を指で体の外側へとたどり、腕の骨が当たる所を見つけます。次に鎖骨の下と腕の骨の際にあるクボミを探し、そこから親指横幅1本分下にずらした場所が中府です。反対側の腕で、気持ちいいと感じるくらいの強さで押しましょう。

中府(ちゅうふ)の押し方は?

効果的な「中府(ちゅうふ)」の押し方を解説します。仕事や家事の合間にも簡単にケアできる方法です。呼吸機能で悩んでいる人や姿勢を改善したい人におすすめです。

中府の押し方
  1. 中府に人差し指・中指・薬指を当てる
  2. 気持ちいい程度の強さで押す
  3. そのまま20回ほどもみこむ

中府を押すときは痛みがなく、気持ちいいと感じるくらいの強さで押しましょう。ツボと反対側の腕を使い、呼吸に合わせて息を吐きながら押すと効果が期待できます。

中府(ちゅうふ)の効果・効能は?

中府は肺の気が集まるツボで、以下のように呼吸器の症状や筋肉のこりなどさまざまな効果・効能が期待できます。

・咳やたん
・のどの痛み
・鼻水や鼻づまり
・肩こり
・首こり
・バストアップ

この中から、特に効果があるといわれる咳・肩こり・バストアップについて詳しく紹介します。

咳・たん

中府は風邪やぜんそくなど呼吸器の症状に用いられるツボです。鎖骨の下にある中府を押すことで、咳やたんを止める効果が期待できます。マスクをつけていて息苦しく感じたり、睡眠が浅くなったりなどの症状があるときも、中府を押してみましょう。

肩こり

中府は胸の筋肉や姿勢にも関係が深いツボです。デスクワークなど下を向いて長く作業する人はとてもこりやすくなっています。中府を押してこわばった筋肉をほぐすことで、肩こりや姿勢の改善効果が期待できます。

また、猫背の人は胸の筋肉が収縮している巻き肩であることが多く、肩甲骨が胸の方に引っ張られ、自然と顔が下に向いている状態です。そこで前を見ようとすることで、肩や背中、首への大きな負担となります。

田中明緒先生

鍼灸師

肩が前に出て背中が丸く見える猫背にも有効です。中府を押すことで胸の筋肉の緊張が緩んで、胸が拡がり姿勢が良くなります。

バストアップ

中府を押すことで、バストアップの効果も期待できます。左右同時に親指で円を描くよう揉みこみ、ツボを押した状態で3秒数えてください。これを20回ほど繰り返すと血行が良くなり、バストラインの維持が期待できます。

また、中府は母乳の出をよくするツボともいわれています。

田中明緒先生

鍼灸師

身体を守るバリア機能が低下すると汗疹ができやすくなります。そんなとき、肺の機能をたかめる中府を痛気持ちいい程度にマッサージしてあげるのがおすすめです。肺の機能が高まると元気も養われバリア機能も高まり汗疹もできにくくなります。

中府(ちゅうふ)を押すと痛い理由は?

一般的にツボを押して痛い場合は、該当する器官に不調を抱えている可能性があります。中府を押したときにゴリゴリとした硬さがあったり、痛いと感じたりする人は、呼吸機能や肩に関する不調が原因と考えられます。

痛みが強い場合はすぐにツボ押しを中止し、自己判断はせず専門家に相談しましょう。

中府(ちゅうふ)を押して様々な効果を得よう!

中府(ちゅうふ)は肺の気が集まっているといわれ、姿勢や呼吸に関係が深いツボです。押すことで肩こり改善やバストアップなど、さまざまな効果が期待できます。日常に中府(ちゅうふ)のツボ押しを取り入れて、体と心のメンテナンスを行いましょう。

日々の疲れを癒すなら『HOGUGU』で

日々の疲れが溜まっている方は、お家でプロのリラクゼーションを受けてみませんか?

家から出たくない日や、夜遅い時間でも、『HOGUGU(ホググ)』なら自宅で簡単にプロのもみほぐしを体験できます。セラピストが自宅や宿泊先に来てもみほぐしを行ってくれるので、わざわざ整体やマッサージ店へ出向く必要もありません。

さらに今なら、【12月限定】総額1万円OFFクーポンでお得にHOGUGU(ホググ)をご利用できます!是非一度お試しください。

関連する記事