ストレッチポールは腰痛解消に効果が期待できる!使い方やおすすめ商品も紹介!

ストレッチポールは腰痛の解消に効果的なのでしょうか?それとも悪化して痛くなるのでしょうか?今回は、ストレッチポールは腰痛改善に効果があるのかや、使い方を紹介します。腰痛改善におすすめのストレッチポールも紹介するので参考にしてください。

専門家監修 |柔道整復師 當銘梨沙先生
HOGUGU現役セラピスト】セラピスト歴:10年以上 柔道整復師(国家資格)を所有しており、以前は整骨院で働いていました。 慢性的な肩こり、腰痛、首、頭痛、目の疲れなどが得意です。...
HOGUGU現役セラピスト】セラピスト歴:10年以上 柔道整復師(国家資格)を所有しており、以前は整骨院で働いていました。 慢性的な肩こり、腰痛、首、頭痛、目の疲れなどが得意です。 スポーツや筋トレしてる方のサポート、ケアも任せてください✨

目次

  1. ストレッチポールで腰痛は解消する?使い方は?
  2. ストレッチポールは腰痛に効果ある?悪化して痛くなる?
  3. ストレッチポールは腰痛の改善に効果的
  4. 腰痛を改善するストレッチポールの使い方は?
  5. ①背中
  6. ②股関節
  7. ③太腿
  8. 腰痛改善におすすめなストレッチポールは?
  9. ①LPN ストレッチポールEX
  10. ②ロングポール Axis Former
  11. ③リセットポール ストレッチポール

ストレッチポールで腰痛は解消する?使い方は?

ストレッチポールは、腰痛改善に効果が期待できます。ぎっくり腰のように症状が強い場合は安静が必要ですが、慢性化して頻繁に腰痛を繰り返している人には特に効果が期待できます。

當銘梨沙先生

柔道整復師

反り腰が原因で腰痛を感じる場合はストレッチポールに乗った時にポールと腰の間があいてしまうので、その隙間を埋めるようにお腹に力を入れましょう!

ストレッチポールは腰痛に効果ある?悪化して痛くなる?

ストレッチポールを使って腰痛が悪化してしまうことは、ほとんどありません。身体の硬さや姿勢が悪い自覚がある人には、腰痛改善の効果が期待できます。

腰痛改善グッズはさまざまなものがありますが、コルセットは腰回りの筋肉を弱めてしまうのであまりおすすめはできません。普段からコルセットを使用している場合は、筋肉が固くなっている場合が多いため、ストレッチポールを使って腰回りをストレッチをしましょう。

ストレッチポールは腰痛の改善に効果的

ストレッチポールは腰痛持ちの人が、固くなりやすい腸腰筋という筋肉をストレッチすることができます。腸腰筋は腰を安定させて股関節を動かす役割がありますが、固くなってしまうと腰が不安定になり腰痛の原因となるのです。

しかし、ストレッチポールに乗ってゆらゆらと揺れる方法だけで腸腰筋をゆるめることができます。腸腰筋は人体の血流に大きく影響しており、首や肩の痛みとも関係している筋肉です。

また、腰痛の原因となる反り腰もストレッチポールの上で仰向けになるだけで、背中のカーブが適度な状態に戻り、反り腰は改善されて、骨盤も適切な角度になります。コルセットを使用している人はこの機会にストレッチポールを使う方法を試しましょう。

當銘梨沙先生

柔道整復師

初めは難しく感じますが、お腹には力を入れ、お腹以外は脱力させるようにポールに乗るイメージで行うと、骨盤を正しい位置で支える筋力UPに繋がります。骨盤を正しい位置で支える筋力がUPすると反り腰も改善していきます。

腰痛を改善するストレッチポールの使い方は?

腰痛改善に効果が期待できるストレッチポールを使った3つのストレッチ方法を紹介します。腰痛改善グッズでコルセットを使用している人は、ぜひこの機会にストレッチポールを使った方法で腰痛を改善しましょう。

①背中

普段からデスクワークなどで座っている時間が長い人や猫背の人は背中の筋肉が固くなっています。背中の筋肉が固くなると腰を使う動き方をしてしまい、腰痛が悪化する原因につながります。

腰痛を改善するために、固くなった背中の筋肉をストレッチポールを使ってで伸ばしましょう。

背中のストレッチ
  1. 膝立ちの状態で座る
  2. 前方に置いたストレッチポールに両腕で触る
  3. 前方に転がしながら胸を床に近づける

呼吸を止めずに背中全体が伸びるところまで、ストレッチをしましょう。肩に痛みを感じた場合は、止めておきましょう。

②股関節

腰痛持ちで不良姿勢の人は、股関節の内側が固くなっています。股関節の内側をほぐすには、内腿のストレッチが有効です。現在、痛みがなくても姿勢が悪くなりがちな人は腰痛を予防するために取り組みましょう。

内腿のストレッチ
  1. うつ伏せの体勢になる
  2. 片方の足を横に曲げる
  3. 内腿と床の間にストレッチを入れる
  4. 体重を掛けながら左右にゆらす

股関節周囲の筋肉のなかでも内腿は、姿勢を整える効果が期待できます。筋肉の張り感が強い部分を念入りにストレッチしましょう

③太腿

O脚や反り腰の人は大腿の外側が固くなりやすいです。大腿の外側が固いままだと、重いものを持ち上げたときや寝起きに腰痛を引き起こしやすくなってしまいます。

大腿のストレッチ
  1. 床に横向きにストレッチポールを置く
  2. 大腿の外側を当てるように横向けで乗る
  3. 上半身を使い全体が伸びるように当てていく

大腿外側は固くなりやすいため、痛みが強く出る可能性があります。無理せずにゆっくりと行いましょう。

腰痛改善におすすめなストレッチポールは?

腰痛改善グッズのなかでもおすすめの「ストレッチポール」ですが、何を選べば良いのでしょうか?ここではおすすめのストレッチポールを3つ紹介します。

①LPN ストレッチポールEX

出典:https://item.rakuten.co.jp/pole/ex00001/

LPN ストレッチポールEXは適度な硬さであるため、ストレッチ以外にもトレーニングにも応用しやすい商品です。価格は高めですが、耐久性に優れていて長年使用できるためアスリートにも人気の商品です。

②ロングポール Axis Former

出典:https://item.rakuten.co.jp/traipara/af-lp2/?s-id=bh_pc_item_list_name#af-lp2

ロングポール Axis Formerは、オレフィン系樹脂ビーズ発泡という軽い素材でできているため、持ち運びをする人におすすめの商品です。腰痛改善のストレッチだけでなく、肩こりや姿勢改善、体幹トレーニングにも適した硬度と粘度の芯材です。

③リセットポール ストレッチポール

出典:https://item.rakuten.co.jp/109oasis/e-resetpole2/

他の商品と比べると価格が手軽な商品です。フィットネスクラブがつくった商品で素材が柔らかく、初心者でも使いやすい商品になります。

ストレッチポールを腰痛改善に有効活用しよう

ストレッチポールは腸腰筋を伸ばし姿勢を整えることができるため、腰痛改善の効果が期待できるグッズです。腰痛の改善・予防のためにぜひストレッチポールを使ってみましょう。

日々の疲れを癒すなら『HOGUGU』で

日々の疲れが溜まっている方は、お家でプロのリラクゼーションを受けてみませんか?

家から出たくない日や、夜遅い時間でも、『HOGUGU(ホググ)』なら自宅で簡単にプロのもみほぐしを体験できます。セラピストが自宅や宿泊先に来てもみほぐしを行ってくれるので、わざわざ整体やマッサージ店へ出向く必要もありません。

さらに今なら、【9月限定】総額1万円OFFクーポンでお得にHOGUGU(ホググ)をご利用できます!是非一度お試しください。

関連する記事