深く息を吸うと背中・肩甲骨が痛い!何科に行くべき?ぎっくり背中の原因や対処法も

深く息を吸うと背中が痛いと悩んでいませんか?この記事では、深呼吸で背中や肩甲骨が痛くなる原因や何科に行くべきかを解説します。また、深く息を吸うと背中が痛い時に考えられる病気や対処法も紹介するので参考にしてください。

目次

  1. 深く息を吸うと背中が痛いのはぎっくり背中?
  2. 深呼吸で背中や肩甲骨が痛くなるぎっくり背中の原因は?
  3. 骨の歪み
  4. 筋肉の緊張
  5. ストレスの蓄積
  6. 背中の痛みで考えられる病気・疾患
  7. 背中の右側に痛みがある場合
  8. 背中の左側に痛みがある場合
  9. 背中が痛いときは何科に行くべき?
  10. 背中の痛みは原因によって何科に行くべきか変わる
  11. 骨や筋肉が痛いならまずは整形外科
  12. 皮膚に異常があれば皮膚科へ
  13. 深く息を吸うと背中が痛い時はどうすればいい?
  14. 対処法①整体・整骨
  15. 対処法②鍼灸治療
  16. 対処法③マッサージ

深く息を吸うと背中が痛いのはぎっくり背中?

深く息を吸うと背中が痛い、息苦しいといった症状が突然起きたら不安になる人も多いのではないでしょうか。急に背中が痛くなったときは、ぎっくり背中の可能性があります

ぎっくり背中とは背中に突然起こる痛みの総称で、軽い肉離れと考えてよいでしょう。ここでは、ぎっくり背中の原因や対処法、ぎっくり背中以外の病気による痛みについて解説します。

深呼吸で背中や肩甲骨が痛くなるぎっくり背中の原因は?

深呼吸をしただけでも背中や肩甲骨が痛いと辛いものです。息を吸うのも辛いような背中の痛みの原因は1つだけではありません。突然痛くなる急性の痛みなのか、慢性的に痛いのかによって考えられる原因は異なります。

急に背中に痛みが起こった場合は、骨や筋肉に炎症が起きるぎっくり背中の可能性があるのです。ぎっくり背中で考えられる原因をくわしく解説します。

骨の歪み

姿勢が悪い、長時間のデスクワークなどで起こる骨の歪みがぎっくり背中の原因の1つです。頚椎や腰椎、後肋骨が歪んでいることが考えられます。神経痛のようなうずく痛みがひどくて眠れないときは、頚椎に原因がある可能性もあるため、早めの治療をおすすめします。

筋肉の緊張

広背筋に緊張があり、急なストレッチや伸びでぎっくり背中を起こしてしまいます。同じ姿勢を続ける、運動不足などの理由で背中の筋肉が硬くなっているときに、突然動かすことで背中に激しい痛みを感じるのです。

同じ姿勢を長時間続けない、日常的に軽い運動をするといった対策で予防効果が期待できます。

ストレスの蓄積

ストレスが蓄積すると、自律神経の働きに影響し、息を吸うだけで背中が痛くなることがあります。自律神経が弱ると血行不良で体が冷える、動悸や息苦しさといった症状が出て辛いと感じる人も多いでしょう。

背中の痛みに加え、胃の痛みもあるときは逆流性食道炎の可能性も考えられます。普段から、睡眠をとっても疲れが取れないならストレスによる自律神経の乱れを疑いましょう。自律神経の乱れは脳や内臓にまで影響を及ぼすことがあるので、楽観視せず早めに対処しましょう。

背中の痛みで考えられる病気・疾患

背中の痛みの原因は、骨や筋肉だけではありません。内臓の病気が原因で背中に痛みが出ることもあるのです。息を吸うだけでも背中が痛いときに、どのような病気や疾患の可能性が考えられるのかを紹介します。

背中が痛くなる病気や疾患の例をいくつか挙げますが、あくまでも可能性があるというだけです。自己判断はせず、医療機関で診断を受けましょう。

背中の右側に痛みがある場合

背中の右側に痛みがあるときに考えられる病気
  • 肺炎
  • 気胸
  • 胸膜炎
  • 肺結核
  • 腎盂炎
  • 十二指腸潰瘍
  • 膵炎
  • 腎結石
  • 肝炎

背中の右側が痛い場合でも、上か下のどちらが痛いのかで疑われる病気は違います。背中の右上が痛いときは肺や胸膜、右下なら腎臓や膵臓などです。全身の倦怠感を伴うときは肝炎、発熱があれば腎臓の病気を疑います。

背中の左側に痛みがある場合

背中の左側に痛みがあるときに考えられる病気
  • 心筋梗塞
  • 狭心症
  • 解離性動脈瘤
  • 膵臓癌
  • 膵炎

背中の左上が痛いときは心臓、左下なら膵臓の病気を疑います。圧迫されるような感じの痛みは狭心症、激しい痛みは解離性動脈瘤と、病気によって痛み方はさまざまです。膵臓が悪いときはだんだんと痛くなり、やがて激しい痛みに変わります。

病気の診断は医師によって行われます。背中の痛みがあるときは、自己判断をせずに病院を受診しましょう。

背中が痛いときは何科に行くべき?

背中が痛くて受診する場合、何科に行くべきか悩む人も多いはずです。骨や筋肉に原因があるのか、それとも内臓の病気なのかで受診する病院は違うからです。症状や考えられる原因と照らし合わせて何科に行くか決めるとよいでしょう。

背中の痛みを抑えるために、市販の鎮痛剤を使用する人もいます。鎮痛剤は対症療法で、原因を根本から解決するものではありません。背中の痛みの原因を根本から解決するために、鎮痛剤の長期連用は避け病院を受診しましょう。

背中の痛みは原因によって何科に行くべきか変わる

背中が痛い原因によって何科に行くべきかは変わります。骨や筋肉が原因ではない場合、内臓に原因がある可能性が考えられます。内科循環器科呼吸器科などを受診しましょう。かかりつけの病院なら既往歴などを把握しているため安心です。

女性の場合、背中や腰の痛みは子宮に異常があるサインの可能性もあります。神経痛のような痛みを感じたときは産婦人科の受診をおすすめします。

骨や筋肉が痛いならまずは整形外科

体を動かしたら痛い場合は骨や筋肉に原因があると考えられます。整形外科を受診し、骨や筋肉の炎症やコリなどをしっかり診てもらいましょう。

万が一整形外科の診療範囲ではなくても、何科を受診するべきか教えてもらえます。まずは自己判断せずに受診することが大切です。

皮膚に異常があれば皮膚科へ

息を吸うだけでも背中が痛い場合、原因は皮膚だったということもあり得ます。帯状疱疹は、多くの場合神経痛や水疱が背中に出現します。ヘルペスウイルスによる感染症で、体力の低下が原因で起こるといわれる病気です。
治療後も神経痛が残ることがあるため、早期に治療を開始するのがおすすめです。帯状疱疹は水疱や湿疹が目視できるので、背中が痛いときは受診前に皮膚の確認もするとよいでしょう。

深く息を吸うと背中が痛い時はどうすればいい?

深く息を吸うと背中が痛いときの対処法を知っておくと安心です。骨の歪みや筋肉の緊張で背中が痛いときは、整体や鍼灸で改善が期待できます。息を吸うのも辛い痛みは、早めに対処して解消しましょう。

対処法①整体・整骨

姿勢が悪く骨に歪みがある、筋肉が緊張し硬くなっているといった原因で背中が痛いときは整体や整骨がおすすめです。背中の筋肉の緊張をほぐし、首や腰椎、背骨、骨盤の歪みや角度の調整などの施術で痛みの軽減が期待できます。

対処法②鍼灸治療

深く息を吸うと背中が痛いときに、ぎっくり腰のように深部の筋肉などに炎症が起きているなら、鍼灸治療がおすすめです。整体と組み合わせることで、ぎっくり背中の痛みの改善を早く実感できます。

対処法③マッサージ

ストレスが原因で背中に痛みがあるときは、マッサージが効果的です。背中をマッサージすると全身の血行が促進されます。自律神経の不調によって悪くなった血行を改善し、体の冷えを解消しましょう。血行促進には、ストレスや痛みの緩和が期待できます。

深く息を吸うと背中が痛い場合は病気に注意!

深く息を吸うと背中が痛い場合は、内臓の病気の可能性があります。整体や鍼灸で治まる痛みもありますが、自己判断はせずにまずは病院などで相談しましょう。姿勢などが原因で起こるぎっくり背中は、生活習慣を見直して予防するとよいでしょう。

日々の疲れを癒すなら『HOGUGU』で

日々の疲れが溜まっている方は、お家でプロのリラクゼーションを受けてみませんか?

家から出たくない日や、夜遅い時間でも、『HOGUGU(ホググ)』なら自宅で簡単にプロのもみほぐしを体験できます。セラピストが自宅や宿泊先に来てもみほぐしを行ってくれるので、わざわざ整体やマッサージ店へ出向く必要もありません。

さらに今なら、【9月限定】総額1万円OFFクーポンでお得にHOGUGU(ホググ)をご利用できます!是非一度お試しください。

関連する記事