ひどい肩こりに鍼施術は効く?値段・施術内容や効果が出る期間も紹介

ひどい肩こりには鍼治療が効果的と知ってましたか?鍼治療は髪の毛より細い針でツボを刺激する施術のことです。この記事では、肩こりの鍼治療の体験談やお悩みQ&Aを紹介します。鍼灸院の施術内容・値段・通院回数なども紹介しているので参考にしてください。

専門家監修 |柔道整復師 當銘梨沙先生
HOGUGU現役セラピスト】セラピスト歴:10年以上 柔道整復師(国家資格)を所有しており、以前は整骨院で働いていました。 慢性的な肩こり、腰痛、首、頭痛、目の疲れなどが得意です。...
HOGUGU現役セラピスト】セラピスト歴:10年以上 柔道整復師(国家資格)を所有しており、以前は整骨院で働いていました。 慢性的な肩こり、腰痛、首、頭痛、目の疲れなどが得意です。 スポーツや筋トレしてる方のサポート、ケアも任せてください✨

目次

  1. ひどい肩こりは鍼治療とマッサージどちらがいい?
  2. 鍼治療が向いている人
  3. マッサージが向いている人
  4. ひどい肩こりに鍼治療は効く?
  5. 鍼治療の効果はWHOに認められている
  6. 鍼治療で肩こりが改善する仕組み
  7. 肩こりの鍼治療の流れは?
  8. 問診で身体の状態を確認
  9. 肩甲骨周辺のツボに鍼を刺す
  10. 鍼に微弱な刺激を与える
  11. 肩こりの鍼治療に関するお悩みQ&A
  12. 鍼治療の値段は?保険適応される?
  13. 鍼治療はどのくらいで効果が出る?
  14. 鍼の太さは?痛くない?
  15. 鍼治療に副作用はない?
  16. 鍼治療を受けられない場合はある?
  17. 肩こりの鍼治療の体験談
  18. 肩こりの鍼治療が得意な鍼灸院の選び方
  19. 国家資格持ち
  20. 「鍼灸専門」と表記されている
  21. 公式サイトで適切な情報が公開されている

ひどい肩こりは鍼治療とマッサージどちらがいい?

肩こりの原因は姿勢不良や筋肉疲労、自律神経の乱れなどさまざまですが、現代社会では多くの人が肩こりや首こりで悩んでいます。ひどい肩こりを改善するには、鍼治療とマッサージのどちらにいけばいいのか、それぞれの向いている人を説明します。

鍼治療が向いている人

鍼治療が効きやすい人は、慢性的なひどい肩こりや首こりに悩んでいたり、マッサージに行っても筋肉のこりがほぐれなかったりする人です。痛みがある場所だけでなく、全身に点在しているツボを鍼で刺激することで、血行が促進され慢性的な肩こり症状が改善されます。

當銘梨沙先生

柔道整復師

鍼治療はとても良いですね。 体にあるツボを刺激することで、あらゆる不調の改善に繋がります。 肩こりなども日常的に辛さを感じているのであれば効果的です。

マッサージが向いている人

マッサージの方が向いているのは、肩こりの症状が軽い人や、鍼が怖い人です。マッサージすることで血流が促進され、症状は改善し、リラックス効果も得られます。しかし慢性的な筋肉のこりを解消することは難しいでしょう。

ひどい肩こりに鍼治療は効く?

ひどい肩こりや首こりに、鍼治療が効くといわれています。それでは、どのような効果や施術方法があるのか説明します。

鍼治療の効果はWHOに認められている

鍼治療は民間資格ではなく、国家資格を必要とする東洋医学です。資格を持った鍼灸師にのみ医療類似行為が許されています。2002年にはWHOも、鍼治療が運動器系だけでなく、神経系や婦人科系、耳鼻咽喉科系など、全身のさまざまな器官に効果があると認めています。

鍼治療で肩こりが改善する仕組み

鍼治療は肩こりや首こりになぜ効くかというと、ツボを鍼で刺すことで、血液やリンパの流れを刺激し、血流をよくするからです。その結果、筋肉のこりがほぐれ、痛みなどの症状が改善されます。

當銘梨沙先生

柔道整復師

ツボ刺激での効果もありますし、緊張が高すぎる筋肉へ直接鍼を入れることで体が「何か異物が入ってきたぞ」と反応し、その異物を体の外へ出そうと鍼が入ってる場所へ血液を流そうとします。 血行が促進させることで、緊張が高くなっている筋肉も緩みます。

肩こりの鍼治療の流れは?

鍼治療は、医師免許もしくは国家資格を持ったはり師でないとできません。実際に鍼灸院に行った際にはどのような流れで施術が行われるのか説明します。

問診で身体の状態を確認

まず施術台に横たわると、はり師が腹診、局所診、火穴診の順に問診をし、身体の状態を確認します。指をそろえた手をお腹に当てて、やさしくずらしながら圧をかけて硬くなっているところがないか確認するのが腹診です。

次の局所診では、頭や肩、首などのツボを押さえて扁桃などの状態を確認します。そして最後の火穴診で手足の経絡に異常がないかを診ます。

肩甲骨周辺のツボに鍼を刺す

問診が終わり次第、施術に入ります。鍼治療で使用する鍼はステンレス製で、太さは直径0.12~0.44mm、長さは30~80mm程度です。髪の毛ほどの細さの鍼を、筒を使いトントンと軽く叩きながら肌に数ミリほどの深さで刺すため、痛みはほとんど感じません。

肩こりや首こりの場合、施術は仰向けからうつ伏せの順に行います。仰向けで足や腕、お腹のツボに鍼を刺した後、うつ伏せになり、直接背面のツボに鍼を刺していきます。

全身には361箇所ものツボがありますが、ツボに鍼を刺すことで血行が促進され、筋肉が柔らかくなり、こりがほぐれます。肩こりに効く肩甲骨周辺のツボでは、肩井(けんせい)、肩中兪(けんちゅうゆ)、肩外兪(けんがいゆ)というツボが有名です。

鍼に微弱な刺激を与える

肩甲骨周辺のツボに鍼を刺したら、鍼に微弱な刺激を与えます。鍼通電では皮膚に刺さっている鍼に電極をクリップでつけ、微弱な低周波の電流をリズム良く流します。電気による刺激に強くない人には、鍼を5〜15分刺したままにする置鍼という方法での施術がほとんどです。

鍼の上にもぐさなどのお灸を乗せて温める鍼灸という方法がとられることもあります。電気の刺激で筋肉が収縮活動を行い血行が促進され、ひどい肩こりが解消されるでしょう。

肩こりの鍼治療に関するお悩みQ&A

鍼治療は保険適応はされるのか、どのくらいで効果が出るのかなど、肩こりや首こりの鍼治療に関するよくあるお悩みQ&Aをいくつか紹介します。

鍼治療の値段は?保険適応される?

鍼治療の保険適応の条件
  • 神経痛
  • リウマチ
  • 頸腕症候群
  • 五十肩
  • 腰痛症
  • 頸椎捻挫後遺症(ムチウチ)

鍼治療は上の6疾患の場合のみ保険適応されます。またその場合は医師の診断書が必要です。全額自費診療の場合の値段の相場は4,500〜10,000円位が多く、また初診料がかかることもあります。自分の症状が保険適応に当てはまるかは鍼灸院にも相談してみましょう。

鍼治療はどのくらいで効果が出る?

はじめは少なくとも週に1回、肩こりや首こりの症状や痛みがひどい場合には、週2〜3回施術を行います。それを間を開けずに3〜6回ほど続けると効果が高くなります。症状が改善されてきたら、間隔をあけていきますが、効果を持続するためには治療の継続は必要です。

鍼の太さは?痛くない?

鍼治療の鍼は、まち針の5分の1ほどの太さで、はり師も痛くないように打つためほとんど痛みは感じません。ただし、症状が重い場合には、鍼を少し太くして治療効果を高めます。その場合、少しズーンとした重みを皮膚の奥の方で感じることがあります。

當銘梨沙先生

柔道整復師

鍼というと刺すことが怖いというイメージが強いですが、髪の毛くらいの細い鍼です。思っていたよりも痛みを感じないという場合が多いので、肩こりがひどくて鍼に興味がある方にはオススメです。

鍼治療に副作用はない?

施術後に副作用がでることはありますが、それは体が刺激に反応してのことなので正常な反応です。主に倦怠感、だるさ、めまい、発熱、痛み、しびれなどの症状が表れることがほとんどです。

また、内出血が起こることもありますが、早い人だと消えるまでに3〜4日、長い人で2〜3週間かかります。灸を行った場合にはやけども起こりますが、一時的なものなので大抵は1〜2日で消えます。

鍼治療を受けられない場合はある?

高熱、がんや腫瘍性疾患の人は鍼治療を受けられません。WHO指定の下記の禁忌事項に当てはまる症状の人も同様です。HIVや肝炎、急性感染症、急性虫垂炎、悪性腫瘍、心疾患(重篤なもの)、破傷風、血友病、壊血病、紫斑病、酩酊状態、骨折や脱臼の部位がその症状です。

鍼灸院によって条件も違うため、不安な症状がある場合には、医師や施術者に相談をしてください。また、妊娠中や投薬中の場合も施術前に相談しましょう。

肩こりの鍼治療の体験談

肩こりの鍼治療を体験した人の体験談を、紹介します。ぜひ参考にしてください。

ぷらす鍼灸整骨院レビュー

★★★★★

こちらに2年間お世話になっております。 仕事柄、肩コリや腰のハリなどが出やすいのですが、 仕事終わりに治療をしていただくことで、次の日の調子が全く変わります。 治療をしないまま一週間も仕事をしていると、パフォーマンスが落ちているのが良く分かります。 定期的に通って治療を受けることで、高パフォーマンスを維持し、 バリバリ仕事が出来ているので、非常に感謝しております。 これからもプラスを与える整骨院でいてください。

鍼灸は一度でも施術を行うと、肩こりはほぐれ、痛みなどの症状も改善されますが、継続することで日常生活がさらに楽になります。

肩こりの鍼治療が得意な鍼灸院の選び方

肩こりの鍼治療が得意な鍼灸院には見るべきポイントがあります。どのような点に注意して、鍼灸院を選べばよいのでしょうか。ここでは、肩こりの鍼治療が得意な鍼灸院の選び方を紹介します。

国家資格持ち

鍼灸院を選ぶ際には、国家資格を持っていることを表記しているかを確認しましょう。鍼灸院を開業するには国家資格が必要です。

鍼灸専門学校で解剖学や生理学などの基礎医学や実技を3年間きちんと学んだ上で、はり師、灸師、あんま・マッサージ師の資格を取得しなければいけません。しかし、鍼灸院の中には資格を持たずに施術をしているところもあるので注意しましょう。

「鍼灸専門」と表記されている

肩こりの鍼治療が得意な鍼灸院を選ぶときには「鍼灸専門」と表記された治療院を選ぶのがおすすめです。「鍼灸整体院」や「鍼灸マッサージ」など鍼灸以外にほかの要素を足した治療院も少なくありません。

内科疾患を専門とする鍼灸院は、専門知識に基づいた鍼治療で、身体の根本から体質改善し健康になります。

公式サイトで適切な情報が公開されている

多くの鍼灸院は公式サイトを持っていて、情報公開しています。公式サイトでは、治療方針や得意な疾患は自分の症状に合っているか、料金表示が明確かなど、適切な情報が公開されているかを確認することが大切です。

また、院長の経歴は信頼できるか、院内の雰囲気はいいかなども確認しておくと安心感も増すでしょう。

肩こりに悩んでいる方は鍼治療を試してみて

鍼治療は世界的にも認められている東洋医学です。ツボや痛みを感じる部分を鍼で刺激することで、血行が促進され筋肉がほぐれます。施術は痛みを感じることはほとんどなく、治療を継続することで慢性的な肩こりが解消されることが期待できます。

マッサージではなかなか治らなかった肩こりに悩んでいる人は、ぜひ鍼治療を試してみましょう。

日々の疲れを癒すなら『HOGUGU』で

日々の疲れが溜まっている方は、お家でプロのリラクゼーションを受けてみませんか?

家から出たくない日や、夜遅い時間でも、『HOGUGU(ホググ)』なら自宅で簡単にプロのもみほぐしを体験できます。セラピストが自宅や宿泊先に来てもみほぐしを行ってくれるので、わざわざ整体やマッサージ店へ出向く必要もありません。

さらに今なら、【9月限定】総額1万円OFFクーポンでお得にHOGUGU(ホググ)をご利用できます!是非一度お試しください。

関連する記事