肩髃(けんぐう)のツボは五十肩やアトピーに効果的!位置や痛い原因は?

「肩髃 (けんぐう)」は五十肩の特効穴として知られているツボです。この記事では、肩髃の場所・見つけ方や押し方、肩髃を刺激することで得られる効果・効能等を解説しています。また、肩髃を押すと痛い原因・理由についても紹介しているので参考にしてください。

専門家監修 |鍼灸師 横内稚乃先生
ブログ/HP/YouTube
兵庫県出身。明治鍼灸大学(現在「明治国際医療大学」)卒業。鍼灸師柔道整復師、整体師。2004年に大阪府茨木市で「Access Health &...
ブログ/HP/YouTube
兵庫県出身。明治鍼灸大学(現在「明治国際医療大学」)卒業。鍼灸師柔道整復師、整体師。2004年に大阪府茨木市で「Access Health & Beauty稚乃針灸整骨院」を開業し現在に至る。美容鍼灸や小顔矯正、骨盤矯正などの施術が人気の美容専門の鍼灸整骨院で、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などの多数のメディアに取り上げられている。2021年に電子書籍「美容鍼灸師が教える1分小顔ツボ:すき間時間にできる、小顔テク (キレイ綺麗出版) Kindle版」を出版。【その他の所有資格】メンタル心理カウンセラー、エステティシャン、ブライダルプランナー、整理収納アドバイザー、料理教室の開業権

目次

  1. ツボ『肩髃(けんぐう)』の効果とは?
  2. 肩の痛みに効果的
  3. 肩髃(けんぐう)のツボの場所は?
  4. 肩髃の位置は「肩と腕の境」
  5. 肩髃の見つけ方
  6. 肩髃(けんぐう)のツボの押し方は?
  7. 肩髃(けんぐう)を押すと痛い原因は?
  8. 筋肉や軟骨の損傷の可能性も
  9. 病院は何科で受診すべき?行く目安は?

ツボ『肩髃(けんぐう)』の効果とは?

肩髃(けんぐう)は東洋医学を用いた治療に使われることの多いツボです。「髃」は肩の前側の骨や肩先を指す文字で、骨と骨の間や肩の端という意味を持ちます。肩髃に期待できる効果について紹介します。

肩の痛みに効果的

肩髃は、五十肩や肩こりなど、肩周辺の痛みの緩和を期待して用いられるツボです。首や腕といった肩に近い場所にも効果があるといわれています。そのほか、肩髃に期待できる効果には以下のようなものがあります。

・肌荒れ
・吹き出物
・湿疹
・腕の痛み
・関節リウマチ
・脳血管障害
・高血圧

肩髃は肩周囲の痛みを改善するほかに、皮膚疾患や循環器疾患にも効果が期待できます。対応する皮膚疾患は蕁麻疹やアトピー性皮膚炎、肌荒れと幅広く、皮膚表層部の症状改善に適しています。肩髃は、高血圧や脳血管疾患による麻痺に対しても用いられるツボです。

肩髃は複数の経絡が交わる場所にあるため、幅広く効果を発揮します。数多くある経穴の中で、重要とされているツボです。

横内稚乃先生

鍼灸師

肩髃のツボは五十肩や肩こり改善効果が期待できますが、肩周囲に熱を持っている時、炎症が起こっている時は肩髃に刺激するのを控えましょう。無理やり肩髃のツボを押すことで炎症が広がりやすくなり、肩が上がりにくくなる可能性もあるからです。

肩髃(けんぐう)のツボの場所は?

肩髃(けんぐう)はどこにあるツボなのでしょうか。身近で幅広い症状の改善に役立つ肩髃の、位置と見つけ方を解説します。

肩髃の位置は「肩と腕の境」

肩髃は肩と腕の境目にあり、肩の先端のツボです。肩甲骨を上下に二分する肩甲棘の、外側の端に肩峰と呼ばれる突起があります。肩髃は、肩の関節を外転したときにできる肩峰前側のくぼみに位置します。

肩髃の見つけ方

肩髃の見つけ方は簡単です。腕を水平に上げ、肩関節の前側にできるくぼみをとります。腕を上げる前に、肩甲棘と肩峰を確認しておくと見つけやすいでしょう。

肩髃(けんぐう)のツボの押し方は?

肩髃(けんぐう)のツボ押しは1人でも簡単にできるため、肩こりや皮膚の症状があるときのセルフケアにおすすめです。肩偶の押し方を紹介します。

肩髃(けんぐう)のツボ押しのやり方
  1. 腕を下げ、反対の手の指をツボに置く
  2. 3~5秒ゆっくりと押す
  3. 3回繰り返し反対も同様に行う

ツボを押すときは、やりやすい指を使いましょう。力を入れすぎず、気持ちよいと感じるくらいの力加減で押します。ツボを押すのが難しい場合は、お灸やカイロなどで温めてもかまいません。

横内稚乃先生

鍼灸師

四十肩・五十肩が発症して2週間の急性期は安静時でも痛みが出やすい傾向があります。肩髃のツボにお灸やカイロをするのは発症から2週間以降経過した慢性期や回復期以降にしましょう。また、発症して2週間経過していても体調がすぐれない場合はお灸やカイロをするのは中止した方が良いです。

肩髃(けんぐう)を押すと痛い原因は?

肩髃(けんぐう)を押したときに痛みを感じる原因には、どのようなものが考えられるのでしょうか。単純にツボを刺激したことによる痛みだけが原因ではない可能性もあります。肩髃を押したときの痛みについて解説します。

筋肉や軟骨の損傷の可能性も

肩髃を押したときに痛みがあれば、ツボやその周囲の組織に損傷や炎症が起きている可能性があります。肩髃を押して痛いときに考えられる疾患は以下の通りです。

肩髃(けんぐう)を押すと痛い原因
  • 腱板損傷
  • 肩関節唇(かたかんせつしん)損傷
  • 上腕二頭筋長頭腱炎
  • 脱臼

肩関節を動かす肩腱板や、関節にある関節唇という軟骨が損傷すると痛みを生じます。上腕二頭筋長頭という腕の筋肉に炎症が起きた状態も、肩に痛みを感じる原因です。ツボ押しや腕を動かすと痛いだけでなく、安静時にも痛みを感じる場合があります。

横内稚乃先生

鍼灸師

筋肉や軟骨の損傷の可能性がある場合は肩髃のツボを押すのをすぐに止めてください。腱板損傷、肩関節唇損傷などの疑いがある場合に肩髃のツボ押しをすると、炎症が長引いたり、 完治するのが遅くなったりすることが考えられます。

病院は何科で受診すべき?行く目安は?

肩こりや五十肩にセルフケアで対処しても症状が改善しないときは、整形外科を受診しましょう。病院を受診する目安は以下の通りです。

病院を受診する目安
  • 温めても改善しない
  • 上肢にしびれがある
  • 悪化している
  • 転倒などの心当たりがある

肩こりだと思っていても、肩関節や内臓に疾患を抱えていることがあります。肩に痛みを感じても、肩こりと関節の疾患では原因が違うため注意が必要です。ツボ押しやマッサージなどで悪化するケースもあるため、不安があるときは自己判断せず受診しましょう。

肩髃(けんぐう)のツボで肩の痛みを解消しよう

肩髃(けんぐう)は肩こりや五十肩のほか、皮膚の疾患に効果があるといわれるツボです。押しやすい場所に位置するため、セルフケアにおすすめです。肩髃のツボ押しで、不快な症状を和らげましょう。

日々の疲れを癒すなら『HOGUGU』で

日々の疲れが溜まっている方は、お家でプロのリラクゼーションを受けてみませんか?

家から出たくない日や、夜遅い時間でも、『HOGUGU(ホググ)』なら自宅で簡単にプロのもみほぐしを体験できます。セラピストが自宅や宿泊先に来てもみほぐしを行ってくれるので、わざわざ整体やマッサージ店へ出向く必要もありません。

さらに今なら、【1月限定】3000円OFFクーポンでお得にHOGUGU(ホググ)をご利用できます!是非一度お試しください。

関連する記事