頭痛・めまいには「風池(ふうち)」のツボが効く!ほぐし方を【動画】で紹介

頭痛やめまいに効く、「風池 (ふうち)」という万能なツボをご存知ですか?この記事では、風池の場所と見つけ方、風池を刺激することで得られる効果・効能等を解説しています。風池を押すとズキズキ痛い原因・理由についても紹介しているので参考にしてください。

専門家監修 |鍼灸師 田中明緒先生
Instagram/Twitter/YouTube/HP/OnlineShop/LINE
生まれつき重度のアトピー性皮膚炎と食物アレルギーがあり、20歳のときにアトピーが悪化。...
Instagram/Twitter/YouTube/HP/OnlineShop/LINE
生まれつき重度のアトピー性皮膚炎と食物アレルギーがあり、20歳のときにアトピーが悪化。自身の経験から食や心の状態の大切さを感じマクロビオテイック、自然農法、rawfoodを学び始め、長野県のアグリカフェアマテルで料理提供や料理教室を開始。食事以外でもアトピーの人の役に立ちたいと思い、鍼師・灸師の国家資格を取得。美容鍼灸や鍼灸院での鍼灸修行を行い、アレルギー治療も学ぶ。2020年1月に大阪から帰り長野県上田市で活動を始める。鍼灸師として活動しながら、出張美容鍼灸・出張ヨガ・レシピ開発なども行っている。

目次

  1. 風池(ふうち) ってどんなツボ?
  2. 風池(ふうち)の場所は?
  3. 風池の位置
  4. 風池の見つけ方
  5. 風池(ふうち)のほぐし方は?
  6. 風池(ふうち)の効果・効能は?
  7. 頭痛
  8. 目の疲れ・めまい
  9. 首・肩こり
  10. 不眠
  11. 風池(ふうち)を押すとズキズキ痛い理由は?
  12. 疲れが溜まり、熱が溜まっている

風池(ふうち) ってどんなツボ?

東洋医学の治療に経穴は欠かせないもので、一般的にはツボと呼ばれます。この記事では、頭痛やめまいに効く風池(ふうち)という万能といわれる経穴(ツボ)を紹介します。風池の「風」は風邪(ふうじゃ)、「池」は陥凹部、溜まるところという意味です。

つまり、風池は菌やウイルスなどの邪気が入ってくるところ、もしくは溜まるところという意味になります。

風池(ふうち)の場所は?

風池(ふうち)の場所は首の後ろ、ちょうど髪の生え際のところになります。風池の位置や見つけ方について、具体的に説明します。

風池の位置

風池の位置は、首の後ろで、耳の後ろのとがった骨と髪の生え際の真ん中を結んだちょうど中間にあります。うなじの筋肉の外側で凹んでいるところです。

風池の見つけ方

風池の見つけ方は、首の後ろの左右の筋肉に指を置き、指をすり上げていきます。髪の生え際まで来たら左右外側のくぼみに指をあて、一番凹んでいるところです。

風池(ふうち)のほぐし方は?

風池は眼精疲労や肩こり、頭痛の解消が期待できる経穴(ツボ)です。ここでは、自分でできる風池のほぐし方を紹介します。

風池(ふうち)の押し方
  1. 人差し指から薬指で頭を支えるように持つ
  2. 親指で反対の目に向かってツボを押す
  3. 1回10秒で、1日3~5回行う

息を吐くとリラックスしやすくなるため、ツボを押すときには呼吸を止めずにゆっくりを吐くことが大切です。また、指でツボを押さえたまま、首を上に向けると、さらに指の刺激が入って、強く押すことができます。

しかし、強く押しすぎると逆に痛めてしまう危険性があるので、痛いと感じたら力加減に注意してください。特に高血圧の人は注意しましょう。

田中明緒先生

鍼灸師

「風池」のツボは指で押さえるのもいいのですが 「ホットタオル」で風池のツボを温めてあげると同じような効果を得られるため、寒い冬は温めてあげてください。

風池(ふうち)の効果・効能は?

風池(ふうち)は万能な経穴(ツボ)といわれており、以下のように頭や顔面など幅広い効果が期待できます。

・頭痛
・目の疲れやめまい
・首や肩こり
・不眠
・鼻炎
・耳鳴り
・難聴
・風邪の諸症状

特に期待できるといわれている4つの効果・効能について、以下で紹介しますので、参考にしてください。

頭痛

頭が痛い主な原因は、頭や首、肩の筋肉の緊張によって血行が悪くなることとされています。風池を刺激することで、自律神経も刺激され、首や肩周りの筋肉の緊張がほぐれて、血流が改善して頭痛の緩和につながります。

田中明緒先生

鍼灸師

風池は頭痛の中でも特に後頭部の痛みのときにオススメです。患部に直接働くだけではなく目の疲れにも働きかけ、辛い痛みを緩和してくれます。

目の疲れ・めまい

目を酷使して疲れると、目の周りの血行が悪くなります。また、めまいの原因の一つに、脳の酸欠状態があります。脳が酸欠状態になると、それを改善しようと血管が拡張するのです。拡張した血管が圧迫されてめまいが起こると考えられています。

風池を押すことで、自律神経が刺激され脳の血流が改善して、目の疲れの解消やめまいが治まるといわれています。

首・肩こり

首こりや肩こりの原因は、筋肉疲労や血行不良だといわれています。風池を押すことで、自律神経が刺激されて血行が改善し、首こりや肩こりの改善が期待できます。

不眠

私たちの体は眠りにつくときに深部体温を下げることで、脳と体を休息させる仕組みがあります。したがって、入眠しようとするときになかなか体温が下がらないと不眠の原因になります。

風池を刺激することで自律神経の一つである副交感神経が活性化して、体温調整が促進され不眠の解消につながるのです。

田中明緒先生

鍼灸師

風池は目元へ続く胆の経絡上にあるため、目のトラブルに働くことはもちろん、肝と関係が深い胆のツボのため、肝の働きを助ける効果にも有効です。

風池(ふうち)を押すとズキズキ痛い理由は?

ツボにはそれぞれ該当する器官があります。ツボを押して痛いということは対応する場所に不調がある可能性があると考えられます。

疲れが溜まり、熱が溜まっている

風池は、余分な熱のバロメーターともいわれています。風池を押すとズキズキ痛い原因は、めまいを引き起こす余分な熱が溜まっている場合があります。「風池」という名前の由来の通り、必要ないものが溜まっているのです。

風池(ふうち)を押して様々な効果を得よう!

風池は、頭や顔面など幅広くさまざまな効果がある万能といわれるツボです。頭痛やめまいなどの不調を感じたら、風池を押して体の調子を整えましょう。

日々の疲れを癒すなら『HOGUGU』で

日々の疲れが溜まっている方は、お家でプロのリラクゼーションを受けてみませんか?

家から出たくない日や、夜遅い時間でも、『HOGUGU(ホググ)』なら自宅で簡単にプロのもみほぐしを体験できます。セラピストが自宅や宿泊先に来てもみほぐしを行ってくれるので、わざわざ整体やマッサージ店へ出向く必要もありません。

さらに今なら、【1月限定】3000円OFFクーポンでお得にHOGUGU(ホググ)をご利用できます!是非一度お試しください。

関連する記事