【寝ながら簡単】ふくらはぎ伸ばしストレッチ|疲れやだるさが取れて気持ちいい!

ふくらはぎがパンパンに張っていて硬いことに悩んでいませんか?本記事では『寝ながらできるふくらはぎを柔らかくするストレッチ』を紹介します。また、ふくらはぎをほぐす効果・メリットやストレッチのコツ、ほぐす筋肉も紹介しています。

目次

  1. ふくらはぎを柔らかくする効果・メリットは?
  2. むくみの改善
  3. 疲労回復
  4. こむら返りの改善・予防
  5. パンパンふくらはぎを柔らかくするにはどこをほぐす?
  6. ①腓腹筋をほぐす
  7. ②ヒラメ筋を鍛える
  8. 【寝ながら】パンパンふくらはぎを柔らかくするストレッチ3選
  9. 【寝ながら】ふくらはぎストレッチ①タオルで伸ばすストレッチ
  10. ①仰向けに寝て右脚を上げる
  11. ②右足の裏にタオルかけて引っ張り30秒間キープ
  12. ③左脚も同様に行う
  13. 【寝ながら】ふくらはぎストレッチ②足首曲げ伸ばし運動
  14. ①脚を伸ばして仰向けに寝る
  15. ②つま先を前後に30秒間動かす
  16. 【寝ながら】ふくらはぎストレッチ③膝裏を抱えるストレッチ
  17. ①仰向けに寝て右脚を上げる
  18. ②両手で右脚の膝を抱えて30秒間キープ
  19. ③左脚も同様に行う
  20. 【寝ながら】ふくらはぎを柔らかくするストレッチのポイントは?
  21. 毎日継続して行う
  22. 身体が温かい時に行う
  23. 無理をしない

ふくらはぎを柔らかくする効果・メリットは?

本記事ではふくらはぎのストレッチ方法を紹介します。また、ふくらはぎを柔らかくする効果・メリットについても解説します。ふくらはぎを柔らかくする効果・メリットを知り、ストレッチを効果的に行いましょう。

むくみの改善

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれており、血液を心臓に返すポンプ作用があります。デスクワークなどで同じ姿勢をずっと維持していると、ポンプ作用が弱まって血液が下半身に溜まっていき、むくんでパンパンになってしまうのです。

そこでふくらはぎを筋膜リリースやストレッチなどで柔らかくすることでポンプ作用が促され、むくみの改善につながります。ただし過剰にやると、逆効果になってしまう恐れもあるため、やり過ぎには注意しましょう。

疲労回復

ふくらはぎを筋膜リリースやストレッチなどで柔らかくすることで、疲労回復の効果も見込めます。筋膜リリースやストレッチなどをすると、疲労の原因となる老廃物を流すことが出来るからです。柔軟性を高めて、疲労が溜まりづらい身体にしましょう。

こむら返りの改善・予防

ふくらはぎがつる状態、通称こむら返りはふくらはぎの筋肉が凝り固まることで起きるといわれています。そこで筋膜リリースやストレッチなどで凝り固まった硬い筋肉をほぐすことで、こむら返りの改善と予防が出来ます。

パンパンふくらはぎを柔らかくするにはどこをほぐす?

パンパンに張ったふくらはぎを柔らかくするためには、どこをほぐすべきでしょうか。あるいは、どこを鍛えるべきでしょうか。次にふくらはぎの筋肉について説明します。

①腓腹筋をほぐす

腓腹筋はふくらはぎにあり、ひざの少し上からかかとにかけてついてます。大腿骨内側上顆から起始し、膝関節の後内側を通過してアキレス腱へと繋がる筋肉です。

つま先立ちや走る動作などに用いられます。日頃から疲労が蓄積しやすい筋肉で、腓腹筋が凝り固まることでこむら返りが起きるとされています。腓腹筋を伸ばして柔軟性を高くし、パンパンにむくんだふくらはぎの状態を良くしましょう。

②ヒラメ筋を鍛える

ヒラメ筋は腓腹筋の内側に位置する筋肉で、大部分が腓腹筋に覆われています。主に足関節の底屈動作に用いられます。またヒラメ筋は遅筋群の割合が高いため、マラソンや長時間の立ち仕事には欠かせない筋肉です。

ヒラメ筋を鍛えることで、脚が疲れづらくなる効果が期待できます。ふくらはぎがむくんでだるい感じがする人には、ヒラメ筋を鍛えることをおすすめします。

【寝ながら】パンパンふくらはぎを柔らかくするストレッチ3選

硬いふくらはぎを柔らかくして、柔軟性を高くするストレッチを紹介します。いずれも寝た姿勢でできる簡単なストレッチです。寝る前などに行うとよいでしょう。

【寝ながら】ふくらはぎストレッチ①タオルで伸ばすストレッチ

タオルを使った寝ながら簡単に出来るストレッチを紹介します。寝る前などに、硬いふくらはぎを伸ばして柔軟性を高めましょう。

①仰向けに寝て右脚を上げる

まずは仰向けの姿勢になります。そして、右脚を天井に向けて上げましょう。

②右足の裏にタオルかけて引っ張り30秒間キープ

上げた右足の裏にタオルをかけて、引っ張ってください。この状態を30秒間キープします。勢いよく引っ張るのではなく、徐々に引っ張るようにしましょう。

③左脚も同様に行う

①から②までの流れを左脚も同様に行います。硬いふくらはぎを伸ばしましょう。だるい身体を軽くする効果が期待できます。

【寝ながら】ふくらはぎストレッチ②足首曲げ伸ばし運動

寝ながら足首を曲げ伸ばしするだけで行える簡単なストレッチ方法を紹介します。寝る前の少しの時間でも行えます。

①脚を伸ばして仰向けに寝る

脚を伸ばして、床に仰向けで寝てください。

②つま先を前後に30秒間動かす

仰向けに寝た姿勢で、つま先を前後に30秒間動かします。つま先を前後に動かす際は素早く動かすのではなく、伸びを意識しながらゆっくりと行ってください。だるい脚の疲れを改善する効果が期待できます。

【寝ながら】ふくらはぎストレッチ③膝裏を抱えるストレッチ

寝ながら膝裏を抱えて伸ばす簡単なストレッチを紹介します。

①仰向けに寝て右脚を上げる

まずは床に仰向けで寝てください。そして左膝を立てて、右脚を天井に向けて上げましょう。

②両手で右脚の膝を抱えて30秒間キープ

上げた右脚の膝の裏を両手で抱えます。そしてこの状態を30秒間キープしましょう。この際、つま先は頭の方向に向け、かかとを天井方向に押し出すように意識してください。

③左脚も同様に行う

①から②までの流れを左脚でも行います。このストレッチを行うことで、だるい脚の疲労が徐々に取れていくはずです。寝る前などに試してみてください。

【寝ながら】ふくらはぎを柔らかくするストレッチのポイントは?

寝ながら出来るストレッチを紹介してきましたが、次にストレッチを行う上でのポイントを解説します。

毎日継続して行う

ふくらはぎを柔らかくするコツは、毎日継続して行うことです。一度ストレッチをして柔らかくなったとしても、やらなくなったらすぐに硬い状態に戻ってしまいます。1日1回の頻度で十分なので、毎日継続して行うようにしましょう。

身体が温かい時に行う

ふくらはぎを柔らかくするストレッチは、体が温かい時に行うと効果的です。なぜなら、身体が温かい時は筋肉が緩むからです。逆に冷たい時は筋肉は収縮してしまいます。筋肉が緩んでいる状態だと楽にストレッチが行えるので、お風呂後に行うようにしましょう。

無理をしない

ふくらはぎを柔らかくしたいからといって、無理をしてはいけません。痛いのを我慢して無理にストレッチを行うと、怪我のリスクが高くなります。決して無理をせずに、痛気持ちいい程度を目安に行ってください。

寝ながらストレッチでふくらはぎを柔らかくしよう

ふくらはぎの筋肉を柔らかくすることには、日常の不調を改善できるメリットがあります。寝ながら出来るふくらはぎのストレッチ方法は、簡単に行えるため続けやすいでしょう。ストレッチを継続してふくらはぎを柔らかく保ちましょう。

日々の疲れを癒すなら『HOGUGU』で

日々の疲れが溜まっている方は、お家でプロのリラクゼーションを受けてみませんか?

家から出たくない日や、夜遅い時間でも、『HOGUGU(ホググ)』なら自宅で簡単にプロのもみほぐしを体験できます。セラピストが自宅や宿泊先に来てもみほぐしを行ってくれるので、わざわざ整体やマッサージ店へ出向く必要もありません。

さらに今なら、【1月限定】3000円OFFクーポンでお得にHOGUGU(ホググ)をご利用できます!是非一度お試しください。

関連する記事