ゴルフ中に肩甲骨に痛みがあるのはスイングショルダー?原因・症状や改善ストレッチを解説

ゴルフ中に肩甲骨に痛みを感じたことはありませんか?もしかしたらスイングショルダーかもしれません。この記事では、ゴルフによる肩甲骨の痛みの原因や症状を解説します。ゴルフ肩のセルフチェックや改善ストレッチも紹介するので参考にしてください。

専門家監修 |柔道整復師 當銘梨沙先生
HOGUGU現役セラピスト】セラピスト歴:10年以上 柔道整復師(国家資格)を所有しており、以前は整骨院で働いていました。 慢性的な肩こり、腰痛、首、頭痛、目の疲れなどが得意です。...
HOGUGU現役セラピスト】セラピスト歴:10年以上 柔道整復師(国家資格)を所有しており、以前は整骨院で働いていました。 慢性的な肩こり、腰痛、首、頭痛、目の疲れなどが得意です。 スポーツや筋トレしてる方のサポート、ケアも任せてください✨

目次

  1. ゴルフ中の肩甲骨の痛みはスイングショルダー?
  2. ゴルフで肩甲骨に痛みが出る「スイングショルダー」の症状とは?
  3. 呼吸するだけで肩甲骨や背中が痛くなる
  4. 肩・首のしびれやだるさ
  5. 肩関節の可動域が狭まる
  6. 背中の筋肉痛
  7. ゴルフ中に肩に痛みが出る原因
  8. バックスイングで痛みが出る場合
  9. ダウンスイングで痛みが出る場合
  10. スイングショルダーで病院に行くべきかのセルフチェック
  11. 腕を動かすセルフチェック
  12. 整形外科や整骨院に行く
  13. ゴルフ中の肩の痛み予防ストレッチ
  14. 肩甲骨はがし
  15. 肩ねじりストレッチ
  16. バーストレッチ
  17. スイングショルダー予防にはフォーム改善がおすすめ
  18. 手打ちスイングに気をつける
  19. 背中をのばして猫背にならない

ゴルフ中の肩甲骨の痛みはスイングショルダー?

ゴルフ中に肩甲骨に痛みがある場合は、スイングショルダーの可能性があります。スイングショルダーは、別名「ゴルフ肩」とも呼び、ゴルファーに多いといわれています。スイングショルダーになると、どんな症状が現れるのでしょうか。

ゴルフで肩甲骨に痛みが出る「スイングショルダー」の症状とは?

スイングショルダーになると、肩甲骨の痛みや肩のしびれなど、さまざまな症状が現れます。左右どちらかだけ、または両肩に現れるなど、場所にも違いがあるのです。ゴルフで肩甲骨に痛みが出るスイングショルダーの症状をくわしく解説します。

呼吸するだけで肩甲骨や背中が痛くなる

スイングショルダーの症状の1つは、呼吸するだけで肩甲骨や背中が痛くなることです。ゴルフ中にスイングをするときには、左右の肋骨が前後の動きをします。

この動きが悪いと肋骨に負荷がかかるため、肩甲骨や背中に痛みを引き起こします。ゴルフ歴が浅かったり、回転運動に慣れていなかったりする人に多い症状です。

肩・首のしびれやだるさ

ゴルフ肩になると、肩・首のしびれやだるさなどの症状が現れることがあります。この症状が現れる人は、ゴルフの正しいフォームができていないことがほとんどです。たとえば、左肩を前に巻き込んで、首は右に傾け、左肩が下がっている可能性があります。

肩関節の可動域が狭まる

肩関節の可動域が狭まることも、スイングショルダーの症状です。ゴルフでスイングをするときは、脊柱を軸に体を回す運動が中心で、肋骨は前後の動きを繰り返します。

ゴルフ中に正しい姿勢をとれていないと、この動きができにくくなり、筋肉や関節にかかる負荷が大きくなります。その結果、肩関節の可動域を狭めることにつながるのです。

背中の筋肉痛

ゴルフ肩の症状として、背中の筋肉痛も挙げられます。同じ筋肉を使いすぎたり、普段使わない筋肉を急に使ったりすると、筋線維が傷つきます。その傷を修復するときの炎症によって生成された刺激物質が、筋膜を刺激することで筋肉痛が起きるといわれているのです。

ゴルフ肩で背中の筋肉痛になるのは、ゴルフのスイングで背中の筋肉を過度に使ったり、柔軟性や筋力が不足していたりすることが原因だと考えられます。

ゴルフ中に肩に痛みが出る原因

ゴルフ中の肩の痛みは、バックスイングやダウンスイングが原因で発症することがほとんどです。なぜこれらのスイングのときに、肩に痛みが出るのかを解説します。

バックスイングで痛みが出る場合

ゴルフのバックスイングで肩や肩甲骨に痛みが出る原因は、肩の前後の筋肉バランスが崩れるからです。たとえば、利き手が右の人はテークバックのときに左肩の後ろの筋肉は引っ張られて、前の筋肉は収縮します。

このときに、無理に肩を回すと肩前後の筋肉が過度に伸長・収縮してしまうのです。特に、トップを高くしようとしたり、体を必要以上に回転させようとしたりすると、スイングショルダーになりやすいといわれています。

ダウンスイングで痛みが出る場合

ダウンスイングでは、バックスイングによって伸長した筋肉が急速に収縮をすることで痛みを生じます。ゴルフのスイングによって肩や肩甲骨周辺の筋肉は伸縮を繰り返し、大きな負荷を筋肉にかけてしまうため、スイングショルダーを発症しやすくなるのです。

インパクトからフィニッシュのときに、左肩の外側周辺が痛くなることが多く、なかには右肩が痛くなる人もいます。

スイングショルダーで病院に行くべきかのセルフチェック

ゴルフ中に肩甲骨や肩に痛みが出て「スイングショルダーかもしれない」「病院に行くべき?」と思ったら、セルフチェックをしてみましょう。

腕を動かすセルフチェック

スイングショルダーで病院に行くべきかどうかは、腕を動かすセルフチェックで判断できます。チェック方法は、立った状態で腕を横にまっすぐ伸ばして、弧を描くように腕を上げます。この動きを1ヶ月以上続けて、毎回肩に痛みがある場合には病院を受診しましょう

整形外科や整骨院に行く

セルフチェックを行って、肩に痛みを感じた場合には、整形外科整骨院を受診してください。整形外科では、痛み止めを処方されて安静にする、湿布を貼って炎症を抑えるなどの治し方を提案されます。

整骨院の場合は、痛みのある場所だけではなく、その原因になっている場所への施術も行ってくれます。なかには、リハビリの指導をしてくれる整骨院もあるため、自分に合った施術が行えるところを受診しましょう。

當銘梨沙先生

柔道整復師

スイングの時に肩や肩甲骨が痛いままゴルフを続けていると、ゴルフができない状態にまでなってしまいます。違和感から痛みを感じ、徐々に痛みの強さが増している、痛みの期間が2週間以上になってきたという場合は早めに治療を受けましょう。

ゴルフ中の肩の痛み予防ストレッチ

ゴルフ中の肩の痛みを予防するには、日頃からストレッチをして、肩や肩甲骨周辺の筋肉を柔らかくしておきましょう。ゴルフ前にウォーミングアップとしてストレッチを行うのも効果的です。

肩甲骨はがし

ゴルフ中の肩の痛みを予防するには、大胸筋を伸ばして肩甲骨を寄せる肩甲骨はがしが効果的です。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/768074911460618173/

肩甲骨はがし
  1. 背筋を伸ばして立つ
  2. 腰かお尻の高さで両手を組む
  3. 胸を張って腕を上げる
  4. 10~15秒ほどキープする

肩甲骨を寄せようとするのではなく、胸を張ることを意識しましょう。ストレッチ中は呼吸を止めずに、ゆっくりと自然に呼吸をしながら行ってください。

肩ねじりストレッチ

肩ねじりストレッチは、両肩や肩甲骨周辺の筋肉を動かすため、ゴルフ前のウォーミングアップとしても最適です。

肩ねじりストレッチ
  1. 足を腰幅に開いて立つ
  2. 膝を軽く曲げて、両手を横に広げる
  3. 左肘を内側、右肘を外側にねじる
  4. 左右交互に行う
  5. 15回×2セット行う

手や肘だけを回すのではなく、肩甲骨から動かすことが効果を高めるコツです

バーストレッチ

ゴルフのクラブを使ってできるバーストレッチも、肩の痛み予防に効果的なストレッチです。

バーストレッチ
  1. 足を腰幅に開いて立つ
  2. 両手でクラブを持って頭の上に上げる
  3. 膝を軽く曲げてお腹に力を入れる
  4. 肘を脇腹につけるようにクラブを下げる
  5. 15回×2セット行う

クラブを下げるときに、腰が反らないようにしましょう

スイングショルダー予防にはフォーム改善がおすすめ

ゴルフで肩甲骨に痛みが出る人は、自分が知らない間にスイングショルダーになりやすいフォームをしていた可能性があります。スイングショルダーを予防するには、ゴルフ中のフォーム改善をしてみましょう。

手打ちスイングに気をつける

スイングショルダーになるのを防ぐには、手打ちスイングに気をつけることが大切です。手打ちスイングで手に力が入ると、肩甲骨は開いて胸は収縮した状態になります。

そうなると、上半身と下半身がうまく連動しにくくなり、無理してスイングをするために肩や肩甲骨に負荷がかかってしまいます。スイングをするときは、手や腕に力を入れないようにして、腰を回すように心がけましょう。

背中をのばして猫背にならない

スイングショルダーの予防をするなら、アドレス時に背中をのばして猫背にならないようにしましょう。猫背のように背中を丸めた姿勢では、バランスのとれたスイングができにくく、無理をして動かしてしまうため肩甲骨や肩に痛みを感じやすくなります。

背中をのばして、股関節から体を曲げるようにすると、正しいアドレスの姿勢になります。また、アドレス時に背中をのばすときには、背筋よりも腹筋を意識することで、正しいスイングもできるようになるはずです。

當銘梨沙先生

柔道整復師

痛みが改善してもスイングのやり方が同じであれば繰り返すので、プロの方に見てもらい指導を受けることをオススメします。

ゴルフ中の肩甲骨の痛み「スイングショルダー」が長く続いたら病院へ

ゴルフ肩は日頃からストレッチをしたり、スイングの姿勢やフォームに気をつけたりするだけで、予防できる可能性があります。もし、ゴルフ中に肩甲骨の痛みが出て長く続く場合は、スイングショルダーを悪化させないためにも病院を受診しましょう。

日々の疲れを癒すなら『HOGUGU』で

日々の疲れが溜まっている方は、お家でプロのリラクゼーションを受けてみませんか?

家から出たくない日や、夜遅い時間でも、『HOGUGU(ホググ)』なら自宅で簡単にプロのもみほぐしを体験できます。セラピストが自宅や宿泊先に来てもみほぐしを行ってくれるので、わざわざ整体やマッサージ店へ出向く必要もありません。

さらに今なら、【9月限定】総額1万円OFFクーポンでお得にHOGUGU(ホググ)をご利用できます!是非一度お試しください。

関連する記事