直射日光が頭痛やだるさの原因に?過敏症?サングラスなど対策・治し方も解説

偏頭痛の原因は、もしかすると眩しい日差しや直射日光かもしれません。この記事では、日光による頭痛の原因と対策や治し方を紹介します。頭痛を予防する方法も紹介するので参考にしてみてください。

目次

  1. 眩しい日差しで偏頭痛になる?
  2. 日光で頭痛が起こる原因は?
  3. 眩しさ
  4. 温度差
  5. 水分不足
  6. アレルギー
  7. 日光による頭痛の対策・治し方は?
  8. サングラス
  9. 日傘・帽子
  10. 水分補給
  11. 頭痛薬
  12. 頭痛にならないための予防法は?

眩しい日差しで偏頭痛になる?

夏になると、偏頭痛になりやすいと感じていませんか。眩しい日差しがトリガー(症状の始まるきっかけ)となって、頭に痛みが生じたり、吐き気やだるいと感じたりすることがあります。光過敏頭痛は、偏頭痛の1つです。日光による頭痛について説明します。

日光で頭痛が起こる原因は?

なぜ、日光に当たると頭痛が起こるのでしょうか。直射日光が眩しいと感じると頭が痛い症状のほかに、吐き気やめまい、だるいと感じることもあります。

日光で頭痛が起こる原因には、太陽の光の眩しさ、温度差、水分不足、紫外線アレルギーの4つがあげられます。日光で頭痛が起こる原因について、詳しく説明します。

眩しさ

日光で頭痛が起こる原因は、太陽の光の眩しさです。最近の研究では、光の眩しさに眼の網膜にある神経細胞が過敏に反応する場合があることが判明しています。そのため、脳の視床下部が刺激されて脳内の血管が拡張し、頭痛が起こると考えられています。

温度差

温度差も、日光で頭痛が起こる原因です。室内外に温度差があると、自律神経は循環器(心臓と血管)をコントロールして血流を調整します。自律神経が体温調整にエネルギーを費やしてしまうと、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまう場合があります。

交感神経が優位が続くと、脳内の血管は収縮している状態です。その後に血管が拡張すると周囲の神経を刺激し、頭痛が起きてしまいます。夏の猛暑日は、外気と10℃以上の温度差で冷房の温度設定をすることもあります。温度差によって頭痛が起こる場合があるのです。

水分不足

日光で頭痛が起こる原因には、水分不足もあります。高温多湿の環境では汗をかき、体の水分が不足しがちです。そのため、血液が粘性の高い状態になり、血行不良になります。頭部の血液循環が悪化すると血管が拡張し、頭痛が起こりやすくなります。

アレルギー

アレルギーも、日光で頭痛が起こる原因です。紫外線アレルギーという病気で、日光アレルギーや日光過敏症、光線過敏症ともいわれています。

夏の強い日差しを浴びると、体にアレルギー反応が起こる場合があります。通常、アレルギー症状が出るのは皮膚です。しかし、吐き気やだるいと感じたり、頭に痛みが生じたりすることもあります。

日光による頭痛の対策・治し方は?

日光による頭痛の対策や治し方は、サングラス、日傘や帽子、水分補給、頭痛薬の4点です。日光による頭痛の対処法について説明します。

サングラス

日光による頭痛の対策には、サングラスの使用があります。日光を遮れば、頭痛が起こりにくくなります。濃い色のレンズが入ったサングラスは避けましょう。濃い色のレンズは、外したときの光のコントラストが強いからです。その刺激が頭痛を引き起こすことがあります。

光のコントラストを抑えるには、薄茶色や赤茶色のサングラスがおすすめです。使用後に目が痛い場合は、紫外線の影響を受けている可能性があります。サングラスを選ぶときは、紫外線防止効果があるものを選びましょう。

日傘・帽子

日傘や帽子も、日光による頭痛の対策や治し方の1つです。夏の眩しい光を遮る日傘や帽子を使うと、頭痛が起こりにくくなります。日傘なら紫外線防御率の高いものを、帽子ならつばの広いものを選ぶのがおすすめです。

水分補給

日光による頭痛の対策や治し方には、水分補給もあります。夏は発汗により体の水分が失われ、脱水状態になると体がだるいと感じたり、頭痛が起こったりしやすくなるからです。脱水状態は外はもちろん、室内でも起こります。小まめに水分補給して、頭痛対策をしましょう。

頭痛薬

頭痛薬も、日光による頭痛の対策や治し方の1つです。頭痛は我慢すると、さらに痛みがひどくなります。早めに頭痛薬を服用すると、痛みを効果的に緩和できます。

頭痛にならないための予防法は?

頭痛にならないための予防法
  • 頭痛を引き起こす要因を避ける
  • 生活リズムを整える
  • 規則正しい食生活
  • ストレスをためない
  • 適度な運動

頭痛にならないための予防法は、頭痛を引き起こす要因をできるだけ避けることです。頭痛の原因は人によって違います。日差しの眩しさや温度差、食品、匂いなど、いろいろあります。自分はどのような状況で、頭痛になりやすいのかを把握しておくことが大切です。

普段と違うことをしたときも自律神経のバランスが乱れやすく、頭痛になりがちです。休日に夜更かししたり、お酒を飲み過ぎないようにしましょう。軽い運動は、血管の働きを良くします。夕方に40分くらい、週5日以上の歩行運動が理想的です。

日光による頭痛に注意

直射日光が頭痛やだるさ、吐き気の原因になります。サングラスや帽子などで対策をして、日光による頭痛に注意しましょう。

日々の疲れを癒すなら『HOGUGU』で

日々の疲れが溜まっている方は、お家でプロのリラクゼーションを受けてみませんか?

家から出たくない日や、夜遅い時間でも、『HOGUGU(ホググ)』なら自宅で簡単にプロのもみほぐしを体験できます。セラピストが自宅や宿泊先に来てもみほぐしを行ってくれるので、わざわざ整体やマッサージ店へ出向く必要もありません。

さらに今なら、【12月限定】総額1万円OFFクーポンでお得にHOGUGU(ホググ)をご利用できます!是非一度お試しください。

関連する記事