座ると痛い・立つと楽な腰痛|原因は?治し方や危険な腰痛の見分け方も

立っていると楽なのに、座ると腰に激痛が走ったことはありませんか?今回は、「座ると痛い・立つと楽」な腰痛の原因と治し方・対処法を紹介します。病気など危険な腰痛の見分け方も紹介するので参考にしてみてください。

専門家監修 |柔道整復師 高林孝光先生
HP
柔道整復師鍼灸師の国家資格者で「アスリートゴリラ鍼灸接骨院」院長。1978年5月12日(看護の日)生まれ。「ヒルナンデス!」(日本テレビ)で「今話題の治療家6人」に選ばれた実績を持つ。...
HP
柔道整復師鍼灸師の国家資格者で「アスリートゴリラ鍼灸接骨院」院長。1978年5月12日(看護の日)生まれ。「ヒルナンデス!」(日本テレビ)で「今話題の治療家6人」に選ばれた実績を持つ。アメリカやカンボジアなど日本国外でも活躍。著書には「たった10秒!子ども筋トレで能力アップ!わが子がたちまち限界突破!」(さくら舎)、「腱鞘炎は自分で治せる」(マキノ出版)、「病気を治したいなら肝臓をもみなさい」(マキノ出版)、「五十肩はこう治す」(自由国民社)、「1日7秒手を伸ばしなさい」(ダイヤモンド社)、「ひざ痛がウソのように消える!1日40秒×2ひざのお皿エクササイズ」(cccメディアハウス)など。

目次

  1. 「座ると痛い・立つと楽」な腰痛とは?
  2. 「座ると痛い・立つと楽」な腰痛の正体は?
  3. ①梨状筋症候群
  4. ②仙腸関節炎
  5. 「座ると痛い・立つと楽」な腰痛の原因は?
  6. 梨状筋症候群の原因
  7. 仙腸関節炎の原因
  8. 「座ると痛い・立つと楽」な腰痛の治し方・対処法は?
  9. 梨状筋症候群の治し方
  10. 仙腸関節炎の治し方
  11. 病気など危険な腰痛の見分け方は?

「座ると痛い・立つと楽」な腰痛とは?

腰痛の原因には大きく分けて2種類あります。ぎっくり腰のように立つときに痛いものと、座る姿勢で痛みが出る腰痛です。座ると痛いけれど立つと楽になる腰痛の原因や対処方法について、くわしく解説します。

「座ると痛い・立つと楽」な腰痛の正体は?

座ると痛い、立つと楽になる腰痛の正体はさまざまです。代表的な可能性として、梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)と仙腸関節炎(せんちょうかんせつえん)が考えられます。ただし、他の可能性もあるため、気になる場合は病院で受診しましょう。

①梨状筋症候群

梨状筋症候群の症状の特徴
  • 椅子などに座ると痛いが立つと楽になる
  • 横になると眠れないほど痛い
  • お尻や足がしびれる・痛い
  • 腰の下にクッションを入れて寝ると少し楽になる

梨状筋症候群は、座る姿勢が困難なほどの痛みやしびれがあるものの、立つと楽で歩くこともできる特徴があります。坐骨神経痛にもつながる、お尻から足までに痛みやしびれが現れる腰痛です(※1)。

高林孝光先生

柔道整復師

梨状筋症候群の場合は、うつ伏せ寝で寝ると足首を内側に捻って寝る特徴があります。その理由は足首を内側に捻って寝るとストレッチ効果で楽になるからです。

②仙腸関節炎

仙腸関節炎の症状の特徴
  • 腰やお尻に痛みが出る
  • 下肢に痛みやしびれを生じる
  • 階段の上り下りで痛みが出る
  • 長く座っていることがつらい
  • 痛みがある側を下にして寝られない
  • 仰向けに寝られない
  • 歩き始めると腰に痛みが出る

仙腸関節炎の症状は、座ると腰やお尻が痛い・立つと楽になるのが特徴です。また、片側に痛みが現れ、痛い側を下にして寝られない、仰向けに寝られないという症状もあります。梨状筋症候群と比べると、立って行う動作でも痛みを感じる腰痛です。

高林孝光先生

柔道整復師

仙腸関節炎の場合は、横向きで寝た状態で誰かに骨盤を横から上から下に押してもらうと仙腸関節と仙腸関節がぶつかって痛みが出る特徴があります。

「座ると痛い・立つと楽」な腰痛の原因は?

座ると痛い・立つと楽な腰痛、梨状筋症候群と仙腸関節炎は何が原因で起こるのでしょうか。2つの腰痛の原因について解説します。

梨状筋症候群の原因

梨状筋はお尻にあるやわらかい筋肉です。しかし、何らかの原因で梨状筋に負担がかかると、硬く緊張した状態になります。硬くなった梨状筋が坐骨神経を圧迫し、周りの血流が滞ると、お尻の痛みや足のしびれなどの梨状筋症候群を発症するのです。

梨状筋症候群が原因で坐骨神経痛を引き起こすこともあります。坐骨神経痛で悩む人は、梨状筋への負担軽減と血行促進を心がけるのもよいでしょう。

仙腸関節炎の原因

仙腸関節炎の原因はスポーツやけが、妊娠出産、骨格のゆがみなどさまざまです。骨盤にある仙骨(せんこつ)と腸骨(ちょうこつ)の間にある仙腸関節に負担がかかり、炎症を起こします。ごくまれに、細菌感染でも起こる疾患です。

立ったり座ったりのほか、歩くといった動作に障害が起こる仙腸関節炎はおしりの筋肉の炎症ともいえます。おしり筋性腰痛の原因は限定的ではなく、長時間座ることや歩くことが困難になるような痛みが起きます。

「座ると痛い・立つと楽」な腰痛の治し方・対処法は?

筋肉や関節の負担を軽減し、症状を改善するにはどうすればよいのでしょうか。座ると痛いけれど立つと楽な腰痛の、治し方や対処法について解説します。

梨状筋症候群の治し方

梨状筋症候群の治し方
  • 患部を温める
  • 無理のない範囲で動かす
  • 鍼灸治療を受ける

座ると痛いものの、立っていたり歩いたりするときは激しい痛みがなければ、無理のない範囲で体を動かしましょう。痛みのせいで動かずにいると、かえって血行が悪くなり逆効果になります。炎症やけがとは違い、冷やすより温めて血行を促すこともおすすめです。

ストレッチは手軽に筋肉や関節の運動ができ、血行促進にも繋がります。ただ、痛みがありストレッチが困難な場合は無理に行うべきではありません。あくまで無理のない範囲で動くように心がけ、坐骨神経痛を引き起こす前に鍼灸治療なども利用するとよいでしょう。

仙腸関節炎の治し方

仙腸関節炎の治し方
  • 骨盤の位置を修正する姿勢改善
  • 股関節・背中のストレッチ
  • 骨盤周囲筋の筋トレ

仙腸関節炎の治し方は、まず整形外科で診断してもらい、原因を知ることが大切です。医師のアドバイスを受け、姿勢改善やストレッチ、筋トレなど適切に対応しましょう。

高林孝光先生

柔道整復師

整形外科や接骨院などに通院する場合は、仙腸関節の所にある靭帯の炎症を除く医療機器を設置してある治療院を探すのもおすすめです。

病気など危険な腰痛の見分け方は?

危険な腰痛の見分け方
  • 熱がある
  • 胸の痛みを伴う
  • 体重が減ってきている
  • 広い範囲にしびれがある
  • 排尿や排便に異常がある
  • ステロイドを内服している
  • 神経症状の強い腰椎ヘルニア

腰の痛み方や併発する症状によっては、危険な腰痛の可能性があります。排泄に異常があったりしびれがあったりという場合や、胸痛や腹痛を伴う腰痛も危険です。腰椎ヘルニアや癌の転移などから起因する腰痛もあるため、見逃さないように注意しましょう。

座ると痛い・立つと楽な腰痛は原因を抑えてしっかり対処しよう

座ると痛い・立つと楽な腰痛は、その痛みの原因がどこからきているのかを見極めましょう。適切に対処することによって、改善できるとともに予防にも期待できます。

日々の疲れを癒すなら『HOGUGU』で

日々の疲れが溜まっている方は、お家でプロのリラクゼーションを受けてみませんか?

家から出たくない日や、夜遅い時間でも、『HOGUGU(ホググ)』なら自宅で簡単にプロのもみほぐしを体験できます。セラピストが自宅や宿泊先に来てもみほぐしを行ってくれるので、わざわざ整体やマッサージ店へ出向く必要もありません。

さらに今なら、【1月限定】3000円OFFクーポンでお得にHOGUGU(ホググ)をご利用できます!是非一度お試しください。

関連する記事