ぎっくり首・寝違えにおすすめのツボ7選!落沈や手三里・風池など!

ぎっくり首や寝違えの痛みに悩んでいませんか?それらはツボ押しで改善できるかもしれません。この記事では、ぎっくり首に効果的なツボを7選紹介します。場所の図解や効果、押し方を詳しく解説するので参考にしてください。

専門家監修 |柔道整復師 當銘梨沙先生
HOGUGU現役セラピスト】セラピスト歴:10年以上 柔道整復師(国家資格)を所有しており、以前は整骨院で働いていました。 慢性的な肩こり、腰痛、首、頭痛、目の疲れなどが得意です。...
HOGUGU現役セラピスト】セラピスト歴:10年以上 柔道整復師(国家資格)を所有しており、以前は整骨院で働いていました。 慢性的な肩こり、腰痛、首、頭痛、目の疲れなどが得意です。 スポーツや筋トレしてる方のサポート、ケアも任せてください✨

目次

  1. ぎっくり首・寝違えに効くツボってある?
  2. ぎっくり首・寝違えにおすすめのツボ7選
  3. ①落枕(らくちん)
  4. ②手三里(てさんり)
  5. ③風池(ふうち)
  6. ④肩中兪(けんちゅうゆ)
  7. ⑤養老(ようろう)
  8. ⑥外関(がいかん)
  9. ⑦築賓(ちくひん)
  10. ぎっくり首とは?
  11. ぎっくり首の原因
  12. ぎっくり首の症状
  13. 寝違えとの違い
  14. ぎっくり首になったときの対処法
  15. 首を安静にする
  16. 首を冷やす

ぎっくり首・寝違えに効くツボってある?

ツボとは、東洋医学の概念の一つで身体に流れるエネルギーの流れを「経絡(けいらく)」と呼び、その経絡のエネルギーの出入口である「経穴(けいけつ)」が俗にいうツボになります。

ぎっくり首や寝違えに特に効果が高いとされている特効穴というツボもあります。ツボ押しをして、ぎっくり首や寝違えによるつらい首の痛みを解消しましょう。

ぎっくり首・寝違えにおすすめのツボ7選

ここではぎっくり首と寝違えに対して効果が高いとされているおすすめのツボを7つ紹介します。ツボ押しは、リンパ節と血管の流れをよくすることで痛み物質を流すといわれています。

その際には、血液中の修復物質も効率的に患部に送れるようになるため、症状が和らぐのが早くなるのです。ツボの大まかな場所を触りながら、自分が「痛気持ち良い」と感じる場所を見つけましょう。

①落枕(らくちん)

ぎっくり首・寝違えにおすすめのツボの1つは「落枕(らくちん)」です。寝違えたときに押すツボとして有名で「外労宮(がいろうきゅう)」とも呼ばれています。

落枕は、手の甲の人差し指と中指の骨が交わるところにあります。ツボを押しながら軽く首を動かし、筋肉にストレッチをかけるのが効果的です。

②手三里(てさんり)

ぎっくり首や寝違えだけではなく、肩こり、首こりにも効果が高い「手三里(てさんり)」です。ツボの場所は、肘を曲げた際に出来るしわの最も外側から指に向けて指3本分ずらした場所にあります。筋肉の境目を狙って皮膚の色が変わる強さで押しましょう。

③風池(ふうち)

ぎっくり首から目の疲労・めまい・頭痛まで幅広く効果があるといわれている「風池(ふうち)」というツボです。天柱から外側に指1本分外側で少し骨が凹んでいるように触れる場所にあります。痛気持ち良いと感じる程度で押しながら、頭部を軽く動かしましょう。

④肩中兪(けんちゅうゆ)

背部にありながら寝違いやぎっくり首の痛みを解消する効果が期待できる「肩中愈(けんちゅうゆ)」です。頭を前に倒した際に、首のうしろ側で最も飛び出している骨を指標に、外側に中指で2本ほどの場所にあります。

リンパの流れをよくしたり、肩こりや頭痛・目の疲労を解消したりする効果も期待できます。肩中愈のツボは触りにくい場所にあるため道具を使って軽めに刺激しましょう。

⑤養老(ようろう)

手の甲側にある「養老(ようろう)」というツボは、字のごとく老いを養生するといわれています。手首の甲で小指側にある突起している骨から薬指側にずらしたところにあるくぼみを押すことで首の筋肉を和らげる効果を期待できます。

寝違えやぎっくり首だけではなく、加齢や眼精疲労などの疲労によるにも効果的です。

⑥外関(がいかん)

「外関(がいかん)」も、ぎっくり首・寝違いに効果があるといわれているツボの1つです。手の甲中央から肘に向かって指3本向かったところにあります。

神経の乱れを抑える効果が高く、自律神経の乱れによって首に症状が発生しているときに効果的です。反対の手でツボを握るように押すのがおすすめです。

⑦築賓(ちくひん)

足にあり、ぎっくり首や寝違いに効果が期待できる「築賓(ちくひん)」です。ふくらはぎの内側、内くるぶしから指5本分膝に向かったところにあります。

全身の血流改善にも効果があるといわれており、血管炎症などの改善も期待できます。周囲のマッサージをしながらツボを押すと効果的です。

當銘梨沙先生

柔道整復師

ぎっくり首になるととても辛いです。首を動かすことができないことが多いので、手や腕にあるツボだと自分でもツボ押しを行いやすいです。

ぎっくり首とは?

ぎっくり首は、ぎっくり腰のように首に突然痛みが発生します。正式には「急性頸椎捻挫症」と呼びますが、なぜ突然痛みが発生するのでしょうか。ここでは、ぎっくり首の原因や症状を詳しく紹介します。ぎっくり首と寝違えの違いについても解説するので参考にしてください。

ぎっくり首の原因

ぎっくり首になるのは、慢性的な疲労がたまっていることが主な原因です。寝返りを打ったり、振り向いたりするなど、何気ない仕草でぎっくり首になることもあります。なかには、首に衝撃を受けたときや、何もしていないのに発症する人もいるのです。

「ストレートネック」の人もぎっくり首になりやすいといわれています。首の湾曲が減少してまっすぐになると、首への負担が大きくなっている状態です。そのため、首への衝撃に弱くなり、ぎっくり首になる可能性が高くなります。

ぎっくり首の症状

ぎっくり首の主な症状は、急に発生する首の痛みです。このほかにも、首の張りやこり、首が回らないという症状が現れることもあります。なかには、ぎっくり首になって頭痛や吐き気をもよおす人もいます。

寝違えとの違い

寝違えは寝ている際の不良姿勢が原因で長時間首に負担がかかることで発生します。通常発生した日のうちに改善することがほとんどです。

しかしぎっくり首は2~3日痛みが悪化していき、長引く場合は1週間ほど続く場合もあります。寝ている際にぎっくり首になる場合もあるので注意が必要です。

當銘梨沙先生

柔道整復師

1度ギックリ首になってしまうと再発しやすいので日常的に首に負担をかけるような癖を見つけて改善させていくことも考えましょう。

ぎっくり首になったときの対処法

ぎっくり首になった際のツボを押す以外の対処方法を紹介します。ツボを刺激する方法は簡単なので以下の対処方法を併用して行うのがおすすめです。ぎっくり首は急性症状になるので対処方法を間違えてしまうと悪化させてしまう可能性があります。

首を安静にする

ぎっくり首は、首の筋肉が炎症していることになります。炎症は徐々に症状が悪化していく傾向にあります。そのため、痛みが弱いからといって無理に動かしてしまうと悪化するのです。できる限り炎症が収まるまでは、安静にすることが大切です。

無理をすると炎症の悪化によって頭痛を引き起こす可能性があります。首は常に頭を支えているので負担はかかりっぱなしになります。痛みが出ない体勢で横になって安静にしましょう。

強い刺激はかえって筋肉の炎症を悪化させてしまいます。患部はグリグリと強くマッサージをしないようにしましょう。さらに首の周囲には血管や神経・リンパが多くあるので、強い刺激によって違う症状を出してしまう可能性があります。

首を冷やす

首の筋肉や血管・リンパが炎症している状況では、首を冷やすのもおすすめです。保冷剤や氷水を入れた氷嚢を薄いタオルで包み、肌に直接当たらないようにして冷やしましょう。

1回20分、1日に3回程度冷やすと効果的です。冷やしたあとは、湿布などを貼って安静にしてください。

ぎっくり首や寝違えはツボ押しで解消しよう

ぎっくり首と寝違えは症状発生から徐々に悪化していくため、症状を軽減できるツボを使った対処は効果を期待できます。もちろん症状が強く頭痛・吐き気・めまいなどが出ている場合は、早めに病院へ行き適切な処置を受けてください。

ぎっくり首・寝違えになってしまったら、身体の症状や状態に合ったツボを刺激し、症状を少しでも緩和しましょう。

日々の疲れを癒すなら『HOGUGU』で

日々の疲れが溜まっている方は、お家でプロのリラクゼーションを受けてみませんか?

家から出たくない日や、夜遅い時間でも、『HOGUGU(ホググ)』なら自宅で簡単にプロのもみほぐしを体験できます。セラピストが自宅や宿泊先に来てもみほぐしを行ってくれるので、わざわざ整体やマッサージ店へ出向く必要もありません。

さらに今なら、【9月限定】総額1万円OFFクーポンでお得にHOGUGU(ホググ)をご利用できます!是非一度お試しください。

関連する記事